トウショキッズ 東書KIDS

  • HOME
  • みなさまへ
  • 保護者の方へ
  • 先生へ
花ちゃん・オー君・モンタ博士のてくてく自然散歩シリーズ
4.自然界しぜんかいのつりあい・環境保全かんきょうほぜん地質ちしつ地形ちけい世界せかい
 (2)外来種がいらいしゅ
(684)帰化きか植物しょくぶつってなあに?
オーくん
「ねえ、はなちゃん! モンタ博士はかせLABOラボ研究室けんきゅうしつ)にあそびにいこうよ。」

花ちゃん
「うん。いいよ。今日きょうはどんなおはなしけるのかな。きれいなおはなのお話かな。それともなにかめずらしいむしのお話かな。どっちでもいいけど、ともかくとてもたのしみね。」

オーくん
「あれ? あそこにオレンジいろのちょっとおおきめのはないているよ。なにかな。」

花ちゃん
「あれは、ナガミヒナゲシという植物しょくぶつよ。あちこちでよくられるわ。ヒナゲシともいうポピーってあるでしょ。その仲間なかまね。ナガミヒナゲシはそのが、ふつうのポピーにくらべるとすこながいのよ。」

写真1
(ナガミヒナゲシ)
オーくん
「ふーん。ちょっとおおきめのはなでよく目立めだつね。それから、あそこには、ちょっとちいさいけど、水色みずいろっぽい花もいいね。」

花ちゃん
「これはね、マツバウンランというのよ。っぱが細長ほそながくて、マツの葉にているからなのよ。ナガミヒナゲシもマツバウンランもどちらも帰化きか植物しょくぶつね。」

写真2
(マツバウンラン)
オーくん
帰化きか植物しょくぶつ⋯⋯帰化植物って、がいこくからた植物でしょ。」

花ちゃん
「それはそうだけど、わたしもくわしくはからないわ。あっ! そうだ。今日きょうは、モンタ博士はかせ帰化きか植物しょくぶつについて、きちんとおしえてもらおうか。」

オーくん
「そうしてくれると、ぼくはうれしいな。あっ! モンタ博士はかせLABOラボいたぞ。モンタ博士! こんにちは。」

花ちゃん
今日きょうは、帰化きか植物しょくぶつについて、くわしくりたいので、おしえてください。」

「そうか、それではまずクイズだよ。帰化きか植物しょくぶつというのは、いま日本にほんにどのくらいあるとおもう。」
モンタ博士

オーくん
「たくさんあるんでしょうね。200しゅとか300種くらいですか。」

花ちゃん
「もっとあるんじゃないかな。500しゅとか600種とか。」

こたえは1200しゅほどあるそうなんだ。日本にほんしょくぶつが5000種として、4ぶんの1は、帰化きか植物しょくぶつってもいいくらいなんだよ。」
モンタ博士

オーくん
「えっ! 4ぶんの1もですか。それじゃ、『いぬあるけば帰化きか植物しょくぶつたる』というわけですか。」

「そうだよ。ふかもりおくとか、たかやまとかはべつとして、あちこちに帰化きか植物しょくぶつられるということだね。」
モンタ博士

オーくん
「ところで、モンタ博士はかせ帰化きか植物しょくぶつって、いったいどういうものなんですか。帰化植物って、きれいなものもあるとはなちゃんがおしえてくれましたが⋯⋯。」

花ちゃん
「わたしは、セリバヒエンソウとか、ユウゲショウなども、とてもかわいくてきれいなおはなだとおもいますが⋯⋯帰化きか植物しょくぶつってなんなんだろう。」

帰化きか植物しょくぶつについては、ある有名ゆうめい植物しょくぶつ学者がくしゃがきちんとしるしているんだよ。つまりね、帰化植物とは、『人間にんげん活動かつどうによって、外国がいこくから日本にほんちこまれ、日本で野生化やせいかした植物』というものなんだ。」(平凡社へいぼんしゃ:日本の帰化植物より)
モンタ博士

花ちゃん
「『人間にんげん活動かつどうによって』とは⋯⋯。」

作物さくもつ薬草やくそう栽培さいばいはななどの目的もくてきとはべつに、はこものにまぎれこんだり、らずに運ばれたりということさ。」
モンタ博士

オーくん
外国がいこくから日本にほんちこまれとは⋯⋯。」

「これは、国境こっきょうをこえてという意味いみなんだ。日本にほん島国しまぐにだからかりやすいね。」
モンタ博士

花ちゃん
日本にほん野生化やせいかしたとは⋯⋯。」

野生化やせいかとは、そだてる目的もくてきではなくて、野生やせい状態じょうたい生育せいいくし、はなかせをみのらせ、子孫しそんをふやしているということなんだ。」
モンタ博士

オーくん
「つまり、外国がいこくからのあたらしい友達ともだちたということですね。」

花ちゃん
「それなら、あたらしいともだちがたくさんになって、いいことですね。」

オーくん
「ぼくも、あちこちにきれいなおはながふえて、いいとおもいます。」

「でもね、帰化きか植物しょくぶつは、日本にほんにもともとはない植物だろう。それにふえるちから繁殖力はんしょくりょくというけど、その力がつよいために、いままで日本にられていた植物の生育せいいく場所ばしょを、うばってしまうこともあるんだ。」
モンタ博士

オーくん
「なるほど、それはおおきな問題もんだいですね。」

「それに、いままで生育せいいくしていた植物しょくぶつ変化へんかすれば、そこにきていた昆虫こんちゅう小動物しょうどうぶつにも影響えいきょうをあたえてしまうんだ。」
モンタ博士

花ちゃん
「つまり、日本にほん植物しょくぶつ中心ちゅうしんとしてひろがる生態せいたいけいを、帰化きか植物しょくぶつがこわしてしまうというわけですね。」

オーくん
「なるほど、いろいろとむずかしい問題もんだいがあるのですね。なんとかならないかな。」

特定外とくていがい来生物らいせいぶつという、より影響力えいきょうりょくつよくてとく注意ちゅういすべきものは、きびしい規制きせいがあり、くに自治体じちたい防除ぼうじょ⋯⋯ふせいだり・のぞいたり)をおこなっているんだよ。」
モンタ博士

花ちゃん
こまりましたね。なにかよいアイデアはないのでしょうか⋯⋯。あっ! そうだ。帰化きか植物しょくぶつみんながわる影響えいきょうをあたえるわけではないでしょ。もっとわたしたちが、帰化植物のことをったほうがいいとおもうの。それでね⋯⋯。」

オーくん
「それで、どうするの? はなちゃん。」

花ちゃん
「それで、みんなで『帰化きか植物しょくぶつ人気にんき投票とうひょう総選挙そうせんきょ』をやりましょう。」

「えっ! 『帰化きか植物しょくぶつ人気にんき投票とうひょう総選挙そうせんきょ』? なんだそりゃ?」
モンタ博士

オーくん
「そうか、帰化きか植物しょくぶつだって、わるいやつばかりじゃないよね。たのしませてくれるものもあるよ。きれいだなと人気にんきのあるものもあるよね。」

花ちゃん
「それをれば、同時どうじに、帰化きか植物しょくぶつについての知識ちしきももっとひろがるでしょう。」

「なかなかかんがえだとおもうよ。モンタ博士はかせもいっしょにやらせてほしいな。」
モンタ博士

                          
特定外とくていがい来生物らいせいぶつとは⋯⋯
 海外かいがい起源きげん外来がいらいしゅであり、生態せいたいけいひと生命せいめい身体しんたい農林のうりん水産業すいさんぎょうへの被害ひがいおよぼすもの、または及ぼすおそれのあるもののなかからていされたものである。かんきょうしょうホームページには、日本にほんの外来種対策たいさくとして、特定外とくていがい来生物らいせいぶつとう一覧いちらん記載きさいされている。それによると、植物しょくぶつでは、ブラジルチドメグサ、ボタンウキクサ、オオキンケイギク、オオハンゴンソウ、アレチウリ、オオフサモ、オオカワヂシャなど19種類しゅるいがあり、ほかには、哺乳ほにゅうるい25種類、爬虫類はちゅうるいカミツキガメなど22種類、両性類りょうせいるいウシガエルなど15種類、魚類ぎょるいブルーギルなど26種類、軟体動物なんたいどうぶつなど5種類、クモ・サソリ類7種類、甲殻類こうかくるい6種類、昆虫こんちゅう類セイヨウオオマルハナバチなど27種類がある。なお、アメリカザリガニについては、れいねんがつついたちから、アカミミガメとともに特定外来生物一覧に追加ついかとなるそうです。なお、上記じょうきの2種(アメリカザリガニ・アカミミガメ)については、一部いちぶ規制きせい適用てきよう除外じょがいとなります。詳細しょうさいは、環境省HPホームページ参照さんしょうしてください。
   てくてく自然散歩シリーズ
このページの先頭へ