トウショキッズ 東書KIDS

  • HOME
  • みなさまへ
  • 保護者の方へ
  • 先生へ
花ちゃん・オー君・モンタ博士のてくてく自然散歩シリーズ
1.身近みぢか自然しぜん観察かんさつ
 (4)生物せいぶつ日本人にほんじんのかかわり
2.植物しょくぶつ世界せかい
 (3)被子植物ひししょくぶつ双子葉類そうしようるい)のなかま
 (9)わあたのしい! 草花くさばなあそびの世界せかい
(547)ホオノキ
写真1
オーくん
「あ! きれいな(はな)ですね。(なん)というお花ですか。」

花ちゃん
「これはね,ホオノキという(はな)ですね。モンタ博士(はかせ)。」

「そのとおり。ホオノキだね。すてきな(はな)で,モンタ博士(はかせ)大好(だいす)きな植物(しょくぶつ)だね。ホオノキについて,花ちゃん! どんなことを()っているかな。」
モンタ博士

花ちゃん
「そうですね。まず,ホオノキは初夏(しょか)のころに(おお)きな(しろ)っぽいクリーム(いろ)(はな)()かせる植物(しょくぶつ)です。ふつう,(やま)にありますが,公園(こうえん)などでも()かけますね。」

オーくん
(おお)きな(はな)というけど,どのくらいの花なの。」

花ちゃん
「そうね,(はな)直径(ちょっけい)は20cm(センチメートル)くらいあるかな。」

オーくん
「え! そんなに(おお)きな(はな)なの。とすると,(うえ)写真(しゃしん)()ると,()っぱもとてもビッグででかくて,ものすごく大きいということかな。」

「さすがは,オー(くん)(うえ)写真(しゃしん)からすぐに()(おお)きさに()がつくとは,感心(かんしん)だね。さすがだね。よいところに気づいたね。」
モンタ博士

オーくん
「いやー,それほどでもありませんが・・・。ともかく,(おお)きな()っぱのようですが,どのくらいあるのかな・・・。(はな)が20cm(センチメートル)くらいとすると,葉っぱは,30cmはあるかな?」

花ちゃん
「もっと(おお)きいのもあるわよ。40cm(センチメートル)()えるものもあるわ。」

オーくん
「えー,すごいなあ。そんなに(おお)きな()っぱということは,()もビッグということかな。」

「さすがは,オー(くん)()っぱの(おお)きさからすぐに()(たか)さを想像(そうぞう)するとは,これまた感心(かんしん)だね。さすがだね。」
モンタ博士

オーくん
「いやー,それほどでもありませんが・・・。そんなにほめられちゃって,ぼく,とってもうれしいです。」

「ホオノキは,(おお)きいものでは,()(たか)さが30(メートル)()すもの,それから,木の直径(ちょっけい)が1mになるものもあるんだよ。」
モンタ博士

オーくん
(たか)さ30(メートル)!,直径(ちょっけい)1m!,すごく(おお)きいですね。」

花ちゃん
「あのね,オー(くん)。ホオノキは()(おお)きいから,いろいろと(あそ)べるのよ。」

オーくん
「え! (あそ)べる? どんなふうに遊ぶの。(おし)えて! 教えて!」

写真2
花ちゃん
「まずは,飛行機ひこうき(つく)れるのよ。(うえ)()のように()っぱを()ってね,()ばすだけよ。かなり(とお)くまで飛ぶこともあるわね。」

「そうだね。()(かた)もいろいろとやってみるのもいいね。」
モンタ博士

花ちゃん
「それから,(おお)きな()(とく)(ちょう)()かして,お(めん)もできるわよ。」

「そうだね。プラタナスなんかでもできるね。(むかし),プラタナスの()でお(めん)(つく)って,()せに()てくれた()もいたんだよ。」
モンタ博士

オーくん
「よーし。いろいろな(あそ)びにチャレンジするぞ。(はや)く遊びたいなー。」

(むかし)は,(いま)みたいにゲームもなかったし,野山(のやま)にある()(くさ)でいろいろと(あそ)んだんだよ。それから,ホオノキは,遊びだけではなくて,お料理(りょうり)にも使(つか)っていたんだよ。」
モンタ博士

オーくん
「お料理(りょうり)? え! どういうことですか。」

(した)写真(しゃしん)にもあるように,ホオノキの()はとても(おお)きいので,お(さら)として利用(りよう)したんだよ。『(ほお)()みそ』といってね,お(みせ)などでも()べられるよ。」
モンタ博士

写真3
オーくん
「ホオノキの()っぱをアルミホイルのようにして使(つか)っていたということですね。それにしても,お(にく)野菜(やさい)もあって,おいしそうですね。」

「そうだよ。みそ(あじ)がとってもいいね。(ほお)()みそを()べながら,ビールなんて最高(さいこう)(しあわ)せだね。」
モンタ博士

花ちゃん
「おいしいのはいいですけど,()みすぎはいけませんよ。奥様(おくさま)にまた注意(ちゅうい)されますよ。」

「はいはい。かりました。()みすぎには()をつけます。」
モンタ博士

ホオノキのつぶやき
 (わたし)は,ホオノキです。落葉(らくよう)広葉樹(こうようじゅ)一種(いっしゅ)でモクレン()。コブシやモクレンと(おな)じモクレン(ぞく)です。(しろ)(はな)初夏(しょか)野山(のやま)にぴったりで,その(しろ)(みどり)()のコントラストがさわやかで素敵(すてき)との(こえ)があちこちからあって,うれしいやらちょいと()ずかしいやらという(かん)じですね。花や葉っぱも(おお)きいということは,(ふゆ)()もビッグで()ごたえがあるので,ぜひ一度目(いちどめ)にとめてほしいところです。
 もともと,私には葉に芳香(ほうこう)があり,殺菌(さっきん)作用(さよう)もあるので,食材(しょくざい)(つつ)んだりもするし(ほお)()寿司(ずし)なんていうのもあるんです。それから,(ざい)はとても(かた)くて(かる)いので,ゲタにしたり,まな(いた)などにしたりと,大変(たいへん)利用(りよう)価値(かち)(たか)いんです。さらに樹皮(じゅひ)には薬効(やっこう)があり,生薬(しょうやく)としても使(つか)われ,アイヌの人々(ひとびと)は,(たね)(せん)じてお(ちゃ)のようにして()んでいたというから,(むかし)から,私は人々(ひとびと)(ふか)い深い関係(かんけい)があったというわけなんです。
   てくてく自然散歩シリーズ
このページの先頭へ