トウショキッズ 東書KIDS

  • HOME
  • みなさまへ
  • 保護者の方へ
  • 先生へ
花ちゃん・オー君・モンタ博士のてくてく自然散歩シリーズ
2.植物しょくぶつ世界せかい
 (2)くきのつくりとはたらき
 (3)被子植物ひししょくぶつ双子葉類そうしようるい)のなかま
 (9)わあたのしい! 草花くさばなあそびの世界せかい
 (10)あら不思議ふしぎ植物しょくぶつマジックの世界せかい
(71)ペタペタっぱの大発見だいはっけん
写真
男子
「ねえ,ねえ,()()て!」

オーくん
「あ! 3(ねん)(せい)だ。どこに()ったの?」

男子
「きのうね,おいらたちは,(しゃ)(かい)()のお(べん)(きょう)(ちか)くの(じん)(じゃ)()ったんだ。」

花ちゃん
「そうね,学校(がっこう)のまわりには,たくさんの神社(じんじゃ)やお(てら)があるよね。」

オーくん
「ところで,みんな,こっち()いてにっこりポーズだね。(なに)してるの。」

男女
「よーく()てちょうだい。(わたし)たちの(ティー)シャツ!」

オーくん
「あ! ぎょ! (なに)(ティー)シャツについてる!」

女子
「そうよ,(わたし)たちが発見(はっけん)したの。」

男子
「そうだよ,ペタペタ()っぱの大発見(だいはっけん)。」

「それはそれは,いいものを発見(はっけん)したね。みんなでペタペタつけたんだね。」
モンタ博士

男子
「ちょうおもしろかったぜ。(はな)ちゃんもオー(くん)()ればよかったのにね。」

女子
「ねえねえ,()()て! 10(まい)()(じょう)つけてる()もいるのよ。」

花ちゃん
(わたし)()っぱがこんなにつくなんて,(いま)まで()らなかったわ。」

オーくん
「うん。おいらも,ひっつき(むし)(オナモミやセンダングサなど)で(あそ)んだことはあるけど,ひっつき()っぱなんて(はじ)めてだ。」

花ちゃん
「ひっつき()っぱって,(たの)しい名前(なまえ)ね。」

男子
「おいらは,ペタペタ()っぱとよぶことにしようっと。」

(たの)しい名前(なまえ)がつけられてよかったね。ただ,()っぱを()ているだけではつまらないけど,いろいろとやってみると楽しいね。」
モンタ博士

女子
「そういえば,モンタ博士(はかせ)は,植物(しょくぶつ)観察(かんさつ)する(とき)には,『五(かん)』を使(つか)って,さわったり,においをかいだりするといいねって(おし)えてくれましたよね。(むっ)()として,植物と(あそ)ぶことも大切(たいせつ)なことなんですね。」

「そうだよ。いっぱい(あそ)んで,植物(しょくぶつ)仲良(なかよ)くなってほしいね。」
モンタ博士

女子
(わたし)たちは,神社(じんじゃ)(ところ)で,ささ(ぶね)でも(あそ)んだのよ。」

花ちゃん
「いいな,いいな。」

女子
「それから,(かえ)りの(みち)で,エノコログサでもくもく人形(にんぎょう)(あそ)びもしたのよ。」

オーくん
「いいな,いいな。」

花ちゃん
学校(がっこう)校庭(こうてい)にもいろいろな(くさ)()がいっぱいあるから,たくさん(あそ)べるね。」

オーくん
(はな)ちゃん,3(ねん)(せい)のみなさん。そして,このてくてく()(ぜん)(さん)()()んでいるみなさん,もっともっと自然とたくさん(あそ)んで,たくさんお(とも)だちになろう。」

カラムシのつぶやき
 あっしは,カラムシというイラクサ()植物(しょくぶつ)でやんす。最近(さいきん)はあまり人気(にんき)がないようですが,こんなに(あそ)んでもらってうれしいね。もともと,あっしは,()っぱをとってしまった(くき)()して,その茎の(すじ)部分(ぶぶん)繊維(せんい)として使(つか)ったんですよ。だから,カラムシなんて名前(なまえ)になったのさ。(むかし)の昔は,あっしをたくさん(あつ)めてカラムシ()りなんて いうのもあったくらいですから・・・。今度(こんど),あっしを ()かけたら,ぜひ,茎のすじを()っぱってくださ いよ。けっこう(つよ)くて丈夫(じょうぶ)なんですからね。
   てくてく自然散歩シリーズ
このページの先頭へ