トウショキッズ 東書KIDS

  • HOME
  • みなさまへ
  • 保護者の方へ
  • 先生へ
花ちゃん・オー君・モンタ博士のてくてく自然散歩シリーズ
2.植物しょくぶつ世界せかい
 (3)被子植物ひししょくぶつ双子葉類そうしようるい)のなかま
 (10)あら不思議ふしぎ植物しょくぶつマジックの世界せかい
(47)たのしい植物しょくぶつマジック
 ③ナツメのっぱでチョコのあじ大変身だいへんしん
花ちゃん
「モンタ博士(はかせ),この(まえ)ね,(わたし),タケニグサで(あそ)んだの。去年(きょねん),モンタ博士(はかせ)(おし)えてくれた,あのサインペン(くさ)ですよ。」

「ほほー,それはよく(おぼ)えていたね。」
モンタ博士

オーくん
「モンタ博士(はかせ),おいらはね,カタバミの()っぱで10(えん)(だま)みがきのマジックをやったんだ。10円玉がピッカピカになったよ。」

二人(ふたり)とも,よく(おぼ)えていてくれたね。モンタ博士(はかせ)はうれしいよ。」
モンタ博士

花ちゃん
「もちろんですよ。だって,植物(しょくぶつ)でこんなおもしろいことができるなんて,本当(ほんとう)(たの)しいんだもん。」

「そうだね。(たの)しいね。植物(しょくぶつ)は,動物(どうぶつ)とちがって自分(じぶん)では(うご)けないだろう。だから,こっちから(なに)(はたら)きかけないといけないのかもしれないね。何かアクションを()こすことにより,いままで()づかなかったことが()かるもんね。」
モンタ博士

オーくん
「モンタ博士(はかせ)(なに)かほかに(たの)しい植物(しょくぶつ)マジックはないの。」

「そうだな。いろいろやってきたけどね・・・。あ! そうだ。それじゃ,今日(きょう)はシベロンブロックにしよう。」
モンタ博士

花ちゃん
(なん)ですか。そのシベロンブロックって?」

「まあまあ,ついておいで。てくてくしよう。あ! あそこにあるよ。この()()っぱだよ。(ひと)()ってごらん。」
モンタ博士

花ちゃん
(なん)ですか。この()っぱは。」

写真
ナツメの
「この()はね,クロウメモドキ()のナツメという木だよ。この()っぱをお(くち)()れて,ムシャムシャ,モグモグとやってごらん。(すこ)(にが)いかもしれないけど,まあ,そんなことは,()にしない,気にしない。()べても(へい)()だよ。」
モンタ博士

オーくん
「あれ,ちょいと(にが)いな。」

「それじゃ,ここいらでおやつの時間(じかん)にするとしよう。チョコレートを()ってきたから,みんなで()べよう。」
モンタ博士

オーくん
「ヤッター! チョコレートだ。かんげき。うまそうだ。あまそうだ。」

花ちゃん
(わたし)()べたい。食べたい。」

「それじゃ,()べてみるか。(なか)()くけんかしないでね。ほら,お(くち)()れてごらん。」
モンタ博士

オーくん
「いただきまーす。お(くち)にポイっと。モグモグ??」

花ちゃん
(わたし)も,モグモグ。あれ??」

「どうですか。お(あじ)は・・・。」
モンタ博士

オーくん
「な,な,(なん)だ。こりゃ??」

花ちゃん
「な,な,(なに)? あれ? (へん)だわ。おかしいわ。どうして。おもしろい。」

「だから,()っただろう。今日(きょう)植物(しょくぶつ)マジックは,ナツメの()っぱだよ。」
モンタ博士

花ちゃん
「どうして,どうしてなの。モンタ博士(はかせ)。」

CM(シーエム)でもやっていたけどね。(たと)えば,『(いた)い』と(からだ)(かん)じることがあるけど,これは,どうしてかというとね。(むずか)しいお(はなし)になるけどね,(じゅ)(よう)(たい)とか,リセプターとかいうものがあるんだけど,『痛い』と感じる(まえ)に,(さき)(まわ)りをして,『痛い』と感じるものにフタをしてしまうものがあるんだ。簡単(かんたん)にいうと,ブロックしてしまうということだね。」
モンタ博士

オーくん
「なるほど。そうか,()かったぞ。ナツメの()っぱの場合(ばあい)は,チョコレートがあまいと(かん)じる(まえ)に,あまいと感じるものにフタをしてしまうということですね。」

「そのとおり。(むずか)しい(せつ)(めい)(した)()いてあるから()むといいよ。まあ,ともかく,植物(しょくぶつ)というのは,自分(じぶん)(うご)けないから,観察(かんさつ)するときは,自分からいろいろと五感(ごかん)使(つか)ってみることが大切(たいせつ)だよ。でも,(なん)でも(くち)()れてはいけないよ。」
モンタ博士

あら不思議(ふしぎ)植物(しょくぶつ)マジック・・・ナツメの(まき)
 ナツメの()をよくかんでみると,(すこ)(にが)(かん)じがするが,これは,葉の成分(せいぶん)(なか)にあまさをブロックするサポニン(けい)のジュジュポサイドなんとかというものがあり,あまさを(まった)く感じなくなるから不思議(ふしぎ)である。これは,(した)表面(ひょうめん)のあまさを感じる細胞(さいぼう)のリセプターをブロック(フタを)してしまうから。ナツメは()()きが(おそ)く,初夏(しょか)にならないと葉を展開(てんかい)しない。だから(なつ)()。しかし,()にはサポニン系の成分は(ふく)まれていない。だって,実にその成分があったら,ナツメの()(とう)づけを()べてもあまくも(なん)ともないもんね。
   てくてく自然散歩シリーズ
このページの先頭へ