NO.91

ソバの花って見たことある?

「この花、なーに。花ちゃん。」
「わたしも初めて見るお花だわ。分かんなーい。モンタ博士、この花なーに。」
「みんな、知らないの。見たことないかな。」
「うーん。見たことあるような……ないような……。やっぱり分からない。」
「そうか……。みんなよく食べていると思うんだけどな……。」
「いつも食べている? でも、これお米じゃないでしょ。あ! パンか。」
「パンと言えば、小麦ね。でも、小麦じゃないし。」
「お米でも、パンでもなければ、めん類だ。あ! うどんか?」
「うどんもスパゲティも小麦でしょ……。」
「あ! そばだ。焼きそばだ。」
「焼きそばって、中華めんよね。だから小麦でしょ……。」
「ひょっとして、日本そばか。」
「ピンポーン。大正解。当たり。これはソバのお花だよ。オー君も花ちゃんも初めて知ったの。」
「おいら、初めてだ。」
「私も初めてだわ。」
「そばはね、短い期間に花がさき、実をつけ、収穫(しゅうかく)できるんだよ。今ごろのそばを秋そばとか新そばといって、味やかおりがいいらしいよ。」
「畑にたまに植えてあるからね。今度、ゆっくり見てごらん。」
「よく見ると、なかなかきれいな花ですね。」
「そばと言ったら、やっぱり長野県の信州そばでしょ。」
「さすが、食べ物のお話はくわしいのね。」
「長野県の県花でもあるんだ。そばは冷害があってもよく育つし、やせ地でもよく育つのさ。信州のそばは名物になっているね。」
「ところで、花ちゃん、『耳をそばだてる』という言葉を知ってる?」
「耳とソバとどう関係あるの。」
「でも、そんなのカンケーねえ♪。そんなのカンケーねえ♪。オッパッピー!
「オー君、まじめにやって。」
「関係があるんだよね。そばの実というのはね、たまご型なんだけど、三角にとがっているんだ。『耳をそばだてる』というのは、耳をとがらして、よく聞けるようにすること、耳をすますという意味なのさ。オッパッピー!
「なーるほど。ソバの実の形からできた言葉なんですね。」

ミゾソバに「ズームイン!」

ミゾソバはピンク色のこんぺい糖のようなかわいらしい花を咲かせているが、ズームインすると、小さな花が10〜20個集まって一つの花のように見せている。ところが、さらにズームインしてよく見ると、集まった花のうち、咲いているのはほんの数個にすぎない。要するに、花を順番に咲かせて、長い期間、花が咲き続けているようにしているのである。ところが、数個の花では目立たないから虫を呼ぶことができない。そこで、咲き終わった花も、咲いているかのように美しいピンク色をして目立つようにしているのである。一つの花をズームインして、アップで撮影したものをご覧ください。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights