NO.85

ハリガネムシって、へんなやつ!

「ギョ! これはなんだ。」
「何かの糸? それとも? ひもみたいですね。」
「二人とも、初めて見るものだと思うけどね。これは虫なんだよ。おとといの水泳指導の時に、プールで見つけたものなんだそうだ。」
「これが虫! それじゃ、動くの?」
「そうだよ、動くよ。しばらく見ていてごらん。」
「うわあー! 動いた。キャー! 気持ちわるい。」
「そうだね。あまり気持ちいいものではないかもね。しかし、じっくりと見ていてごらん。少しはかわいく見えるかもしれないよ……。でも、……やっぱり、きもい生き物かもね……。」
「モンタ博士、この虫はいったいなんという虫ですか。」
「よく聞いてくれたね。この虫は、一本のはり金みたいだろう。それで、この虫はハリガネムシというんだよ。虫といっても、昆虫(こんちゅう)の仲間ではないんだ。」
「モンタ博士、なんだか、やせたミミズみたいですね。」
「やせたミミズとはぴったりだね。でも、さわってみるとちょっとちがうよ。花ちゃん、さわってごらん。」
「いえ! 私は、えんりょしておきます。」
「それじゃ、おいらがさわるよ……。あれ、かたいよ。」
「そうだろう。ミミズのように前に進んだりしないだろう。ただ、ウネウネと動くだけだね。」
「ところで、この変な虫、どこにいるんですか。」
「カマキリのおなかの中にいて、ずうっと、寄生(きせい)しているのさ。」
「カマキリのおなかの中? 寄生ってなんですか?」
「寄生とはね、生き物がほかの生き物から栄養分をもらって生きていることさ。カマキリのおなかの中にいて、秋になると、出てくるんだよ。」
「おなかから出てきてからどうすんですか。」
「冬は水の中ですごして、春になるとたまごを産むのさ。」
「そのあと、どうなるんですか。」
「たまごからかえった幼虫は、水の中にいる昆虫に食べられて。そのおなかの中で生き続ける。そして、その水の中の昆虫を、今度はカマキリが食べて、ハリガネムシはカマキリのおなかの中でずうっと、生き続けるというわけなんだよ。」
「ふーん。生き物って、命(いのち)を次から次へと伝えてるんですね。」
「そのとおりだね。このハリガネムシ、どうなるんだろう。飼(か)ってみようか。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights