NO.79

花ちゃんの『夏の花』作品展

オー君 「花ちゃんは,植物博士だよね。花の色って,どのくらいあるの。」
花ちゃん 「そうね,花の色っていろいろあるわ。例えば,赤い花,黄色い花,白い花,青い花,それから,むらさき色の花もあるわ。」
オー君 「ところで,あのさ。おいら,思いついたけど,花の色というのは,一色でない場合もあるよね。それに,赤とむらさきの中間の色もあるよね。まったく,花の色というのは,どのくらいの種類があるんだろう。」
花ちゃん 「本当ね。何種類あるんだろう。それに,花の色というのは,何か意味があるのかな。」
モンタ博士 「もちろん,意味があるんだ。ただ,ぐうぜんに見えるような花の色でも,それぞれには,ちゃんとした意味があるのさ。自然がつくったものに意味のないものなんてないのさ。全部じゃないけど,花の色は季節によって少しちがうよ。」
花ちゃん 「思い出したわ。いつかモンタ博士がお話ししてくれたけど,春には黄色の花が多いんですよね。」
モンタ博士 「そうだね。木が芽吹(めぶ)きはじめのころは,木の幹の色などが灰色やセピア色で,黄色の花が目立つんだね。特に,山の木では黄色いものが多いね。」
花ちゃん 「それから,5月から6月ころ,ちょうど初夏のころになると,白い花が目立つようになるんでしょ。」
モンタ博士 「そうだね。緑がこくなると,真っ白な花は,とって目立つんだね。」
花ちゃん 「それでは,夏から秋にかけては,赤やむらさきの花が多くなるんですよね。モンタ博士。私,学校の近くでたくさんのオレンジ色の花を見つけたの。それをスケッチしたの。見てくれる。」
オー君 「うわー。花ちゃん,じょうずだね。やっぱり天才だ。」
モンタ博士 「それじゃ,みんなで,花ちゃんの『夏の花』の作品展を見ることにしよう。」
□

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights