NO.42

花ちゃん・オー君・モンタ博士のてくてく自然散歩シリーズ

□てくてくの秋・・・センニンソウを観察しよう

オー君

「花ちゃん,昨日のクズの花は,とってもいいにおいがしたね。おいら,ものすごくおどろいちゃったな。」

花ちゃん 「そうね,クズの花がさき始めると,夏も終わりですね。いよいよ楽しみな秋の始まりね。」
オー君 「『食欲の秋』というんだろう。何だか,おいらおなかがへってきちゃったよ。」
花ちゃん 「くいしんぼうですね,オー君は…。秋といえば,『芸術の秋』とか,『スポーツの秋』とか『読書の秋』とかあるんですよ。」
モンタ博士 「そうだね。まだまだ暑い日が続くけど,吹く風にどこか秋を感じるね。ところで,秋と言えば,『・・・の秋』とかあるけど,『てくてくの秋』なんてどうかな。学校の近くをてくてくしてみよう。いろいろ発見できるよ。」
花ちゃん 「そうですね。教室にばかりいないで,あちこちとてくてくしましょう。」
オー君 「そうだ。校庭に行ってみよう。あれ? あそこに何か花があるぞ。」
  センニンソウ
オー君 「あれ? この白い花は何ていうのかな。花ちゃん,知ってる。」
花ちゃん 「あれは,たしか…。センニンソウというお花ですよね,モンタ博士。」
モンタ博士 「そのとおり。よく知ってるね。さすがは植物博士の花ちゃんだね。感心しちゃうね。」
オー君 「せんにん? 1000人がどうかしたの?」
花ちゃん 「そうじゃないわよ。でも,どうしてセンニンソウなんて名前があるのかな。」
モンタ博士 「それはね,センニンとは『仙人』という意味なんだよ。花が終わったあとに,実につく毛が多くてね,それを仙人のひげのように見立てて名前をつけたのさ。」
オー君 「なーるほど。そういう意味があるのか。こりゃ,花の後が楽しみだな。」
モンタ博士 「植物の名前というのはね,それなりの意味があるのさ。いろいろと調べてみるとおもしろいよ。NO.4の「てくてく自然散歩」では,植物の名前のいわれが表になっているから,見るといいよ。」
  センニンソウ
センニンソウ

▼モンタ博士の推薦図書

「センス・オブ・ワンダー」レイチェル・カーソン 著 (公害問題や自然保護問題の先駆者(せんくしゃ)として,世界的に有名なアメリカの科学者(化学)です。「沈黙(ちんもく)の春」も名著。「センス・オブ・ワンダー」は読んでおくと,子育てにも有効だと思いますが…。)


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights