NO.268

ハチのひみつの世界18 「ミツバチ(2)」

「これは、ミツバチを育てて飼(か)っている所ですね。」
「そうだよ。モンタ博士のおうちの近くの雑木林(ぞうきばやし)で、どこかのだれかが養蜂(ようほう)をしている写真なんだ。」
「どのくらいあったのですか。」
「そうだね、10箱くらいだったかな。ミツバチはごらんのように木でできた巣箱(すばこ)の中にいるんだよ。野原で蜜(みつ)と花粉(かふん)を集めたはたらきバチが次々と飛び立っては、もどってくるんだよ。」
「でも、この写真、ちょっと変(へん)ですね。」
「そうだね。気がついたかな。まわりの木を見ると、葉っぱを落としているだろう。これはね、3月ごろの写真なんだ。」
「それじゃ、他のハチと同じように、ねむっているのですか。」
「そうではないんだ。数は少ないけど、ハチたちは、この箱の中で冬をこしているんだよ。これは、他のハチとミツバチの大きなちがいでもあるね。」
「もう少し近くで見たいですね。入り口はあるのかな。どうなってるのかな。」
「さあ! ようこそミツバチ王国へ。」
「たくさんいるんですね。」
「何か気がつくことはありませんか。」
「全部で10ぴきいますね。手前はこっちむいているけど、巣の入り口近くのは、なんだか、おしりをこちらに向けているようですね。」
「よく気がついたね。おしりを向けているのは、門番役のはたらきバチなんだ。」
「そうか。巣の入り口にいて、よそ者や敵(てき)をふせいでいるのですね。」
「そうだよ。触覚(しょっかく)でにおいをかいで、同じ巣の仲間(なかま)なら通すけど、そうでないときには、武器(ぶき)である毒針(どくばり)でさすんだ。」
「へえー、えらいんですね。よくがんばりますね。ところで、この巣箱の中にはどのくらいのミツバチがいるんですか。」
「約2万びきのミツバチがいるらしいよ。巣箱の中には、写真のような巣板(すばん)というのがあって、1枚の巣板には2千びきくらいいるんだ。」
「ずいぶんとたくさんいるんですね。それで、その巣板で何をしているのですか。」
「そうだ。いい質問(しつもん)だね。この巣板で、花の蜜をハチミツにするんだよ。」
「え! 花の蜜=ハチミツではないんですか。」
「そうだ。またいい質問だ。花の蜜は、ミツバチのえさになるハチミツとは別(べつ)なんだ。ミツバチは、花の蜜を原料(げんりょう)として、ハチミツを作るのさ。」
「どうやって作るのですか。」
「巣の中で花の蜜を受け取ったはたらきバチは、蜜胃(みつい)にためた花の蜜を、何度も口にもどし、水分を蒸発(じょうはつ)させるんだ。この時、糖分(どうぶん―あまさの度合い)は40%ほどなんだ。」
「40%ではどうしてだめなんですか。」
「この濃(こ)さではね、巣にためていてもくさってしまうのさ。もっと水分をとばさないとだめなんだ。」
「かんたんにはハチミツはできないんですね。」
「そうだよ。何度もミツバチの体の中を通り、酵素(こうそ)などの作用をうけ熟成(じゅくせい)され、糖分が80%くらいのハチミツにするんだ。そして、この時、はたらきバチが分泌(ぶんぴつ)した抗生物質(こうせいぶっしつ)というものもふくまれることにより、いつまでもくさることなくためることができるのさ。」
「ふーん、すごいんですね。ところで、1年間にどのくらいのハチミツができるんですか。」
「ある資料(しりょう)によると、一つの巣で、60kgもできるそうだよ。」

スプーン一杯のハチミツを作るためには?

 スプーン一杯10gのハチミツを作るには、その倍の20gの花の蜜が必要だと言われています。20gの花の蜜を集めるには、1回の蜜集めで250個の花を訪れ40mg集めるわけですから、500回の蜜集め作業をすることになります。一匹のミツバチが1日に10回くらいの蜜集めをするわけですから、50日くらいかかることになります。しかし、ミツバチの成虫はそんなに長生きができません。多くて40日くらいで、蜜を採れるのは、成虫の20日くらいなわけですから、約2匹のミツバチが一生をかけて集めたものがスプーン一杯の計算になります。どのくらいの花に訪れるかを計算すると、少なくとも10万個の花が必要になります。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights