NO.264

ハチのひみつの世界14 「アシナガバチ(3)」

 「うわあー、いろいろなハチの巣(す)がいっぱいですね。」
「これは全部アシナガバチの巣なんだよ。」
「アシナガバチは、いろいろな種類(しゅるい)がいるけど、巣の形もいろいろなんだ。」
「そのとおりだね。今日は、アシナガバチの巣についてお話ししようね。」
「でも、このハチの巣から、ハチは出てこないのかな。」
「何言ってるんだよ、花ちゃん。アシナガバチのハチの巣は1年ぽっきりなんだよ。だから、巣からハチが出てくることはないんだよ。」
「そうでしたね。ところで、同じアシナガバチでもいろいろな巣があるなんて、おどろきですね。」
「ちがいもあるけど、その前に、共通(きょうつう)な部分もあるだろう。何だろうね。」
「まず、巣の全体の大きさのちがいはあっても、一つ一つの巣はみんな六角形の形をしていますね。」
「それから、色のちょっとしたちがいはあっても、みんな灰色(はいいろ)っぽいですね。」
「そうだね。かれた木をかじりとったり、けずりとったりしたのは同じだもんね。では、一つ一つ見ていこうか。まず、下の写真を見て、何か気がついたり、発見したりできたかな。」
「このハチの巣は、一つ一つがとても大きいですね。」
「これは、キアシナガバチの巣だよ。」
「モンタ博士! 巣穴(すあな)が大きいということは、成虫も大きいということですね。」
「そうだね。キアシナガバチは、アシナガバチの中でもとくに大きいほうだね。」
「それにしても大きな巣ですね。」
「大きいということは、それだけ、巣作りがうまくいったということだね。」
「次のハチの巣も大きいですよ。」
「これはね、セグロアシナガバチの巣なんだよ。このハチも成虫(せいちゅう)はかなり大きいね。」
「前のによくにているけど、ちょっとそりかえった形になっているね。」
「そうね。キアシナガバチの巣は、もう少し山のようになっているわね。」
「そうだね。では、この2つのハチの巣の共通点はないかな。」
「そうですね。両方(りょうほう)ともハチの巣の柄(え)は、どまん中にありますね。」
「そのとおり、柄がどの部分にあるかということも、大切なポイントなのさ。ところで、下のハチの巣はどうかな。」
「あ! 柄はまん中ではなくて、はじっこにありますね。」
「そうだよ。このハチの巣は、コアシナガバチのものなんだ。」
「コという文字がつくということは、とても小さいアシナガバチなんですか。」
「そうでもないんだ。ハチの巣穴はそれほど小さくないね。ところで、次の写真のハチのほうが小さくて、きゃしゃな感じのハチなんだ。」
「なるほど。巣穴も小さい感じですね。それに、前のものほどがんじょうではなさそうですね。」
「ハチの巣は分かりますが、葉っぱがちょっとじゃまですよ。モンタ博士!」
「そうじゃないんだよ。このムモンホソアシナガバチというハチは、葉っぱのうらに巣を作る、とっても変(か)わった巣作りをするんだよ。」
「へえー、おもしろいハチもいるんですね。」
「おもしろいと言えば、次の写真を見てごらん。ハチと巣というと、丸っぽい感じのものが多いけど、これはどうだろうね。」
「ずいぶんと長細いハチの巣ですね。」
「横に長くできる巣なんですか。」
「そうではないんだ。写真をとるために、このようになっているけど、本当はたてに細長くのびるようなハチの巣なんだ。」
「この巣もどちらかというと、きゃしゃな感じですね。」
「そうだよ。名前を言わなかったね。これは、ヒメホソアシナガバチという種類なんだ。成虫はやはり小さい感じだね。」
「いろいろいるんですね。わたし、おどろきました。」
「それでは、これが最後だよ。写真を見て、何か気がつくかな。」
「前のハチの巣のまゆのふた、つまりキャップみたいのは全部白だったけど、こいつはちょいと緑色したうすいクリーム色をしているね。」
「そうなんだ。ほとんどのアシナガバチのキャップは白いんだ。このキボシアシナガバチとヤマトアシナガバチは、こういうクリーム色をしたキャップなのさ。」
「それにしても、このハチの巣は小さいですね。」
「そうだね。小さいね。ではどうして小さいのかな。」
「もともと小さいハチの巣ではないの。」
「このような小さなハチの巣は、母親バチが巣を作っている時に、途中(とちゅう)から作れなくなったということなのさ。」
「つまり、巣を最後まで完成(かんせい)できず、鳥やクモなどに食べられちゃったということですね。」
「いろいろと苦労(くろう)しながら巣を作っているんですね。」

 


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights