NO.260

ハチのひみつの世界10 ルリジガバチ

「うわあー、きれいなハチですね。」
「これはね、ルリジガバチと言うんだよ。」
「へえー。『るり』という名前がつくと、とってもきれいですてきですね。」
「ふむ、それはどういうことかな。」
「だって、チョウのルリタテハ、カミキリムシのルリボシカミキリとかあるよ。」
「そうね。それから、鳥のオオルリ、お花ではヤマルリソウもあるわ。」
「そのとおりだね。ところで、ジガバチのお話はしたよね。おぼえているかな。」
「イモムシをつかまえるハチですね。」
「地面に穴(あな)をほるハチですね。」
「そのとおり、でもね、名前のよくにているルリジガバチは、穴をほらないで、竹筒(たけづつ)に巣(す)を作るんだ。」
「このハチも竹筒に巣を作るのですね。」
「そうなんだよ。上の写真をよく見てごらん。」
「クモの足のようなものがたくさん見えますね。」
「そうだね。少し楕円形(だえんけい)のようなものは、何だか分かるかな。」
「ひょっとして、さなぎですか。」
「そのとおりだね。春になれば、このさなぎからハチが生まれるんだ。」
「丸いしきりはどろでできているみたいだけど、ちょっと白っぽいですね。」
「よく気がついたね。えらいぞ! 花ちゃん。」
「そう言えば、どろの色ではないけど、どうしてなのかなあ。」
「あのね、このルリジガバチというのはね、巣の入り口やしきりなどのふたに、鳥の糞(ふん)の白い部分をつけるという、ちょっと変わった巣を作るんだ。」
「へえー。竹筒バチはおもしろい仲間(なかま)がいるんですね。」
「でもね、まだまだ他にもいろいろな竹筒バチがいるんだよ。」
「え! まだいるんですか。どんなハチですか。」
「上の写真を見てごらん。」
「あ! キリギリスの仲間のツユムシだ。そのとなりにはさなぎもあるぞ。」
「これはね、コクロアナバチというハチなんだ。」
「アナバチの仲間ですね。」
「そうだね。竹筒バチには、この他にも、ハナバチの仲間もいるし、コケを間につめたりするハチなど、いろいろいるんだよ。」
「へえー。竹筒バチって、知れば知るほどおもしろいですね。」
「モンタ博士もいろいろと調べてみたくてね、竹筒バチ実験(じっけん)セットを作ったのさ。みんなも作ってみるかい。」
「作りたい! 作りたい!」
「どうやって作るの? モンタ博士、教えてください。」
「それでは、そのうち、『竹筒バチゲットトラップ』のお話をしてあげよう。」

 


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights