NO.250

変わった葉っぱと虫のふしぎな関係 ハキリバチ

「きのうの『変(か)わった葉っぱと虫のふしぎな関係(かんけい)その1』はおもしろいお話でしたね。」
「今日は『その2』ですね。どんなお話なのかな。楽しみだ。あれあれ! 上の写真はなんだろう。」
「上の写真をよく見てごらん。特にのところに気をつけて見てごらん。何か気がつくことがないかな。」
「えーっと、これはコナラの葉っぱですね。」
 「3つのがあるけど、どれもみんなきれいな丸になっているね。これは、モンタ博士がコンパスか何かを使って切ったんですか。」
「ちがう、ちがうよ。これはね、ある生き物が食べたあと、正確(せいかく)には切り取ったあとと言ったほうがいいかな。」
「どうしてこんなにきれいに切られているのかしら。」
「そうだね。すぐに答えを出すのはやめて、さあ、みんなで考えようよ。ふだんとちょっとちがうことや、変化(へんか)しているところを見つけることも楽しいね。のマークはないけど、他の葉っぱでも丸く切られているところがあるけど、分かるかな。」
「うん、あるある。写真の3つの他に、5こくらいあるね。」
「わたしにも分かったわ。でも、どうしてこんなにきれいな丸なの。」
「それでは正解(せいかい)を言うとね、これはね、あるハチのしわざなんだ。」
「ハチって、巣(す)を作ったり、人をさしたりするハチですか。」
「ハチといってもいろいろなハチがいるんだよ。くわしくはそのうちまたお話しするけど、このハチはね、葉っぱを切るので、ハキリバチというんだ。人をさしたりしないから安心していいよ。」
「なるほど。葉っぱを切るから、『葉切りバチ』ですね。よく分かります。でも、何で葉っぱを切る必要があるの。」
「葉っぱを食べるのではなくて、葉を切るんですね。ということは、その葉っぱを何かに使うのかな。」
「そのとおりさ。このハキリバチは、その後、切り取った葉っぱを竹の筒(つつ)につめて巣作りをするんだよ。また、あるハキリバチは、砂(すな)の中に巣を作るんだけど、その時、切り取った葉っぱを巣のかべにはりつけたりするんだからおどろきだね。」
「へえー、すごいことをするんだね。でも、ハキリバチって、どのくらいで、葉っぱを丸く切り落としてしまうのかなあ。」
「おもしろい質問(しつもん)だね。ある人がずうっと観察(かんさつ)して一枚の葉っぱを切り落とすのにどのくらいかかったかを調べたそうなんだ。そしたらね、ほんの10秒ていどで切り落としたそうだから、またまたびっくりだね。」
「へえー、すごいね。小さな虫でもすごいんだね。」
「ところでさ、このハキリバチはいつごろ、葉っぱを切ると思う。」
「そうですね。春・夏・秋のどれかしら・・・・・・。あ! 春だわ。若葉(わかば)の時が一番葉っぱもやわらかいからですね。」
「そのとおりだね。でも、もし、いろいろと切り取った葉っぱがあって、もしかたい葉っぱがあったら、どうすると思う。」
「すてちゃうのかな?」
「せっかく切り取ったのに、もったいないわね。」
「そこがまたまたおどろきなんだ。葉っぱが少しかたい時には、巣の近くに来てから、お日様のよく当たる石の上においておくそうなんだ。なぜか分かるかな。」
「あ! 分かった。葉っぱが石の上でお日様の光をうけるとしおれるんだ。しおれてから巣に持っていくということですね。」
「ハキリバチって、頭いいのね。感心ですね、パチパチパチ。」

 


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights