NO.249

変わった葉っぱと虫のふしぎな関係 字書き虫

「あれあれ? 葉っぱが4枚(まい)あるぞ。なんだろう。」
「これは、ひょっとしてクズの葉っぱですか。」
「そのとおりだね。クズは3枚1セットの葉っぱなんだけど、今日は、葉っぱを1枚ずつしっかりと見て、いろいろなことを発見してもらいたいんだ。」
「よーし、まかせとけ! えっーと、左上にあるのは、ふつうの葉っぱだね。でも、それ以外は、どうも変だぞ。」
「そうね。右上の葉っぱは、ふちがギザギザになっているわ。」
「これは、たぶん何かの虫が食べたあとなんだよ。同じような切れ方になっているもんな。」
「そうだね、よく気がついたね。これはね、コフキゾウムシという虫のしわざなんだ。生き物がそこにいなくても、そこで生きていたようすを想像(そうぞう)することはとっても楽しいね。」
「そうですね。人間が歩いた後にできる足あとみたいなものですね。」
「一枚の葉っぱでもいろいろなことが分かるんですね。」
「ところで、まだ、他にも虫が生きていたようすが分かるかな。見つけてごらん。」
「左下のクズの葉っぱには、☆みたいなマークがあるぞ。」
「そうね。右下にも☆みたいのがたくさんあるわ。」
「右下のは、いっぱいありすぎて、☆の集まり、つまり星団(せいだん)みたいだ。」
「へえー、オー君はおもしろいことを言うね。一枚の葉っぱの中にも宇宙(うちゅう)があるということかしら。」
「二人とも、とても楽しそうだね。いろいろと自分の持っている知識(ちしき)をはたらかせて、想像することはいいことだね。『一枚の葉っぱの中にも宇宙がある』とは名言だね。」
「ところで、このマーク。よーく見ると、まわりの緑色とちょっとちがうね。うーん。これによくにたものをどこかで見たような気がするな。」
「え! どこかで見た。どこで見たの。」
「うん。それを今、思い出そうとしているんだ・・・・・・。あ! あれだ。」
ということで、オー君はインターネットの『てくてく自然散歩』を思い出したとさ・・・・・・。
「ほらほら! No.43の字書き虫のお話さ。見てごらん。とてもくわしく分かりやすく、そして、とってもおもしろく書いてあるよ。」
「わたしも思い出したわ。そうそう! 字書き虫ね。ハナダイコンの葉っぱに白っぽい線。それと同じなのね。虫の種類はちがっていても葉っぱの中を食べるのは同じですね。」
「そのとおりだね。よく気がついたね。それに、インターネットの『てくてく自然散歩』を見てくれているなんて、モンタ博士はとってもうれしいね。もうとってもうれしくてなみだが出ちゃうね。」
「わたしもちゃんと見ています。わたしは、パソコンの『お気に入り』に入れて、いつも見ていますよ。」
「うれしいね。ところで、このクズの葉っぱの☆の形は、クズノチビタマムシという虫のしわざなんだね。ハモグリバエやハモグリガなどと同じ仲間(なかま)なんだね。」
「今日は、一枚の葉っぱから、いろいろなことが分かりましたね。」
「そうだね。植物を見て、名前が分かったとか、それで終わりにしてはつまんないね。植物と虫との関係(かんけい)を知ると、もっともっと自然観察(かんさつ)が楽しくなるね。」
「そのとおりだね。『変わった葉っぱと虫のふしぎな関係その1』はこれで、おしまいにしよう。」
「え! ということは、まだまだつづきがあるのですか。」
「うわあー、ヤッター! またあしたが楽しみだ。」

 


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights