NO.245

ヤブガラシの花のふしぎふしぎ

「あれあれ? この草、どこかで見たことがあるぞ。」
「モンタ博士、これは、ヤブガラシという植物ですね。」
「そのとおり。ヤブガラシはどこにでもよく出てきて、やぶをからしてしまうから、ヤブガラシという名前がついたんだ。雑草(ざっそう)としてあちこちに出てくるからこまった草なんだ。」
「でも、おいら、この草にハチやチョウが来ているのを見たことがあるよ。」
「そうだね。この草には蜜(みつ)がいっぱいだからね。写真を見てごらん。オレンジやピンクが見えるだろう。それが花なんだ。」
「とっても小さい花ですね。オレンジやピンクでないものは、これからさくんですね。100こくらいの花があるんですね。」
「そうだね。一つ一つの花は小さいけど、順番(じゅんばん)にさくことによって、ハチやチョウ、ハナアブなどに来てもらうんだね。」
「おいら、アリが来ているのを見たことあるよ。」
「アリも、蜜をなめに来ているのかしら。」
「そうだろうね。このヤブガラシはね、蜜がよく出るから、いろいろな昆虫(こんちゅう)がやってくるんだよ。ほらほら、ハチがやってきたみたいだよ。」
「ふーん、そうなんだ。蜜があったら、きっと、あまいんでしょうね。」
「よし! ハチみたいになめてみよう。」
「え! ほんとうになめるの?」
「うわあー。あまい、あまいぞ。」
「すごい! オー君、大発見ですね。」
「そうだね。あまいのは蜜のせいだけど、どうしてピンク色やオレンジ色をしているんだろうね。ふしぎだね。」
「そう言えばそうですね。花の形もちがうのかな。」
「あ! そうだ。ねえねえ、花ちゃん。みんなで今から継続観察(けいぞくかんさつ)してみようよ。」
「賛成(さんせい)。何だか、ヤブガラシのひみつが分かるかもしれないわね。」
「そうだね。モンタ博士も仲間(なかま)に入れておくれ。」
「そうだ。モンタ博士には、デジカメで写真をとってもらいましょう。」
「それじゃ、ある一つの花がつぼみからさき始めたら、観察(かんさつ)しましょう。」
「写真をとる時刻(じこく)を決めようよ。1時間30分ごとにとれば変化(へんか)していくようすがよく分かるかもしれないね。こりゃ、楽しい観察になるぞ!」
「No.1は観察する花を決めたんですね。真ん中がその花ですね。」
「No.2は、観察しやすいように、まわりの花をとってしまったのね。」
「No.3の花びらがまだついているのが分かるかな。ブドウの仲間の花は、すぐに花びらが落ちてしまうことが多いんだね。4本の角のようなものは分かる?」
「おしべですね。No.3ではちゃんとあったのに、No.4では、おしべも落ちてしまったということですね。」
「そうだね。No.3と4をよく見てごらん。何か気がつかないかな。」
「両方とも水のようなものがうき上がっていますね。あ! これが蜜ですか。」
「ピンポーン。そのとおりだね。この時にいろいろな虫があちこちから、蜜をなめに来るんだね。」
「モンタ博士、おしべが落ちてしまったのは分かるけど、めしべはどこに?」
「よーく見てごらん。真ん中に何かないかな。」
「分かった。真ん中の角のようなものがめしべですね。少しずつ時間がたつとめしべがのびてくるんですね。」
「そうだね。おしべが熟(じゅく)す時と、めしべが熟す時がちがうようになっているんだ。これはね、同じ花どうしで受粉(じゅふん−おしべの花粉がめしべの頭につくこと)しないようするためなんだ。ちょっとむずかしかったかな。ところで、それから、他に気がつくことはないかな。」
「あれ! めしべの立っているところの色がどんどん変わっていくね。」
「そうだね。これには、モンタ博士もおどろいてしまったね。ある本にオレンジ色からピンク色に変(か)わっていくと書いてあったけど、ほんとうは、オレンジがピンクになって、またオレンジになってピンクになるんだね。これは大発見だったね。本に書いてあることがすべて正しいということではないんだね。自分の目でたしかめたことが大切なことなんだ。」
「めしべの台だけでなく、とんがった角のようなめしべそのものも、はじめは黄色っぽかったのに、だんだんと白くなるんですね。」
「継続観察って、とっても楽しいね。これからもいろいろとチャレンジしよう。」

 


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights