NO.243

綿毛のついた幼虫、この虫なあに?

「ねえねえ、オー君。夏休みもあと半分になってしまいましたね。元気で夏休みを楽しんでますか。」
「もちろんさ。夏休みのプールもほとんど毎日参加(さんか)したんだ。それで、平泳ぎの泳ぎ方もしっかりと教えてもらったし、宿題だってバッチリさ。」
「それはすばらしいわね。ところで、モンタ博士はどんな夏休みなんでしょう。」
「そうそう、何か今年はいそがしそうだよ。」
「モンタ博士! 夏休み、どうですか。」
「二人とも元気でなによりだね。モンタ博士はね、この夏休みに植物の分布調査(ぶんぷちょうさ)というのをやっているんだ。それで、大いそがしなんだよ。」
「え! 何ですか? その植物分布調査というのは・・・・・・。」
「八王子市を100のブロックに分けて、そこに見られる植物を全部記録しているんだよ。」
「それで、どこを調べているんですか。」
「十数人でやっている調査でね。モンタ博士は恩方(おんがた)のあちこちを調べているんだ。それで、あちこちの林道を歩き回っているよ。」
「でも、モンタ博士。今年はとっても暑いでしょ。だいじょうぶなんですか。」
「おうちにいて、クーラーにあたっているよりも、ずっとずっとすずしいし、思いきりあせをかくと気持ちいいよ。あ! ところで、二人に見せたいものがあるんだ。この前、写真をとってきたから見せてあげよう。」
「何か、めずらしい植物ですか。」
「何か、めずらしい虫ですか。」
「この虫はね、ある林道を歩いている時に見つけたんだ。はじめに白いタンポポの綿毛(わたげ)のようなものが、ピョンピョンと飛んでいたんだ。何だろうかと思ってよく見たら、きれいな綿の毛を持った虫だったんだ。」
「なーるほど。よく見ると足がこっちがわに3つあるよ。ということは向こうにもあるだろうから、6つということだ。つまり、何かの虫ですね。」
「きれいな毛のようですね。キラキラと光って見えますね。」
「とてもたくさんいてね、モンタ博士が足をふみ入れると、次から次へとピョンピョンと飛んだんだ。」
「ひょっとして・・・・・・、あの虫の仲間(なかま)かな・・・・・・?」
「そう、そう、あの仲間だね。」
「え! 何の虫?」
「これによくにた虫で、アオバハゴロモという虫がいてね、羽は黄緑色で、その縁が少し赤い色でとってもきれいな虫なんだ。」
「アオバハゴロモの綿毛というのは、ちょっとちがって、もう少しソフトアイスクリームみたいな感じだったかな。」
「そうだね。それで、今いろいろと調べてみたんだけど・・・・・・。」
「それで、名前が分かったんですか。」
「ふーむ。合っているかどうか分からないけど、この幼虫(ようちゅう)は、ベッコウハゴロモというハゴロモの仲間じゃないかと思うんだ。」
「ちがうかもしれませんね。でも、何の仲間が分かることが大切なんですよね。モンタ博士!」
「そのとおりだね。つまり、セミやカメムシの仲間だということだね。もし、名前がはっきりと分かった人は、モンタ博士までご一報(いっぽう)ください。」
その数日後、またある林道を歩いている時のことでした・・・・・・。
「あれあれ? あれは、この前の・・・・・・、○○ハゴロモの仲間だ。またまたよーく観察(かんさつ)してみよう。」
「同じ幼虫ですね、モンタ博士。」
「わたし、はじめて見ました。本当に綿毛がついたような虫ですね。」
「さあ、みんな、これだけの幼虫がいるんだから、どこかに成虫(せいちゅう)がいるかもしれないよ。みんなでよーくさがしてみよう。」
「あ! いたいた。こいつだ。」
「そうね。これが成虫ね。」
「やっと見つけたね。何という名前なんだろう。二人で調べてごらん。」
「えーと。ハゴロモはカメムシの仲間だろう・・・・・・。あ! こいつだ。まちがいない。スケバハゴロモというんだ。」
「なるほど、羽がすけているわ!」

 


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights