NO.239

身近な帰化植物をさがしに行こう

 「上のお花は、ナガミヒナゲシね。」
「さすが、花ちゃんは植物博士だね。 よく知っているね。」
「ヒナゲシというのは、聞いたことがあるけど・・・・・・。」
「ヒナゲシというのは、ポピーとも言われるのよ。このナガミヒナゲシは、ふつうのヒナゲシにくらべると、実(み)が長いのね、それでこういう名前になったのよ。」
「ふーん、そうなんだ。でも、よくみると、花びらはうすい紙で作ったみたいで、とてもきれいだね。」
「そうでしょ。ところで、花が終わった後の実をつぶしてみて!」
 「よーし! おいらにまかせとけ。どれどれ、中から何が出てくるかなあ? あ! ちっちゃい種だー! ものすごく小さいよ。」
「そうでしょ。小さいことのたとえで、『けしつぶほど小さい』というでしょ。それがこれなのよ。」
「ふーん。それにしても、花もかわいいし、種も小さくでおどろきだね。」
「そうだね。帰化(きか)植物でも、おどろくようなきれいな花もいっぱいあちこちにあるんだね。」
「帰化植物・・・・・・。あ! 思い出した。もともと日本にはなかった植物でしょ。でも、そんなにきれいなお花があるの。」
「あるよ、あるよ。次の写真は、セリバヒエンソウという花だよ。学校のあちこちにさいているよ。さがしてごらん。」
「わたしは、アカバナユウゲショウが好(す)きだわ。とってもかわいいし、とてもきれいよ。」
「あ! 知ってる、知ってる。おいらもおうちの近くで見たことあるよ。」
「モンタ博士はね、マツバウンランという帰化植物も好きだな。マツの葉っぱみたいなものが下についているのさ。花はこれまたかわいくて、きれいだよ。」
「いろいろなお花がいっぱいあるんだ。」
「そうね。みんなでいろいろな帰化植物のお花さがしに行きましょう。」

 


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights