NO.232

小さなウキクサが水にうかぶひみつ

「あれあれ? なんだ。葉っぱだぞ。」
「ねえねえ、オー君! よーく見て。葉っぱがどうなっているか分かる?」
「水にうかんでいるんだ。こりゃ、おどろいたね。」
「これはね、5年生が育てている水田のところで見つけたの。葉っぱがういているから、ウキクサ(浮き草)というのよ。」
「ちょっと待って、葉っぱがあるのは分かったけど、それだけなの。」
「葉っぱのうらには、根っこがついているわよ。」
「ちょっと待って、葉っぱに根っこがついているって、変(へん)じゃない。ふつう、植物は茎(くき)があって、茎から根や葉っぱが出るんじゃない。」
「そういえば、ウキクサって、ちょっと変だわ。」
「二人ともいいところに気がついたね。ウキクサはね、葉っぱのように見えるものは、本当は茎なんだよ。」
「え! それって、どういうことですか。」
「ウキクサは、体の構造(こうぞう)をなるべく簡単(かんたん)にしてしまったのさ。むずかしい言葉で『葉状体』(ようじょうたい)というのさ。」
「ふーん、そうなんだ。ところで、ウキクサって、どうして水にうくのかな。」
「水にうくから、ウキクサでしょ。でも、どうしてなのかな。ふつうの葉っぱとはどうちがうのかな。」
「どうしてなのかな?と考えることが大切だね。オー君と花ちゃんはどうしてだと思う。」
「うくというのは、魚みたいなうきぶくろがあるのかな。」
「うきやすいように、何かしかけがあるんじゃないかしら。」
「さすが、二人ともいいところに気がついたね。ウキクサの葉(葉状体)の中には、うきぶくろのように空気をためる細かい部屋、つまり気室(きしつ)というものがあるんだ。」
「おいらの思ったとおり、やっぱりうきぶくろがあるんだ。」
「それから、ウキクサの葉(葉状体)の表面には、とても細かい毛がたくさん生えていてね、それで水をはじくんだよ。さらに、裏側(うらがわ)は水にすいつきやすいようなつくりになっているんだ。」
「わたしの思ったとおり、やっぱりしかけがあるんですね。」
「そのとおりだね。さらに、根っこにもひみつがあるんだ。」
「え! 根っこにも・・・・・・、どんなつくりをしているんですか。」
「ウキクサは小さい体なのに、とても長い根で、船のいかりのような役割(やくわり)をしているんだ。さらに、根の先には、『根帽(こんぼう)』とよばれる少しふくらんだおもりまでついているんだよ。」
「へえー。小さなウキクサにも、いろいろなおどろきがいっぱいなんだね。」

ウキクサは害草?

  こんな小さなウキクサですが、ものすごい繁殖力で水田を覆いつくしてしまうことがあります。夏は特に増殖のスピードがアップされ、ある研究者の計算によると100日間で400万倍にも増えるそうです。田んぼ一面を埋めつくしたウキクサは、太陽光を遮断してしまい、米作りに大切な水の温度を下げてしまうということがあります。また、さらに植物プランクトンの光合成を抑えてしまい、水中の酸素量を激減させ、稲作りに大きな被害を与えることがあるそうです。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights