NO.228

木の冬芽のふしぎ発見 その2

「モンタ博士、冬芽(ふゆめ)のお話が聞きたいです。」
「そうだったね。それでは、山でとってきたいろいろな冬芽を紹介(しょうかい)しよう。」
「よーし! いろいろ冬芽ウオッチングだ!」
「まず、サワシバという木を見てごらん。」
「はじめて聞く名前の木だけど・・・・・・。花ちゃん、知ってる?」
「うーん。私もはじめて聞くわ。」
「あっ! このサワシバという木の冬芽は、何枚(まい)も皮(かわ)がついているだけじゃなくて、毛もあるぞ。」
「本当だ。毛も少しついているわ。」
「こりゃ、あったかいだろうな。」
「そうね、きっとポカポカで、あったかそうだわ。こんな日はあたたかな毛糸のマフラーが一番ね。マフラーみたいに冬芽の全部があったかい毛におおわれている木は、ないのかしら。」
「ここに、コブシという木があるよ。冬芽のまわりはもじゃもじゃとした毛だよ。とってもあったかいそうだね。モクレンもよくにている感じだね。」
「ほんとだ。これだけ毛があれば、きっと、寒い冬ものりこえられるだろうな。」
「モンタ博士、ここにとっても大きな冬芽があるわ。なんだろうな。」
「木の下に落ちている葉っぱがヒントだよ。さて、何かな。」
「ほおー・・・・・・。なんだったっけかな。」
「もう、分かったね。今、言ったね。」
「え? 今、言った? あ! 分かった。ホオノキだ。でっけえ葉っぱだから、おいらおぼえているんだ。この葉っぱは飛行機(ひこうき)にもなるんだよね。」
「そのとおりだね。オー君は飛行機をつくるのがじょうずだったね。」
「モンタ博士、このホオノキの冬芽って、皮のジャンバーを着たみたいですね。」
「そうだね。エンピツのサックみたいにも見えるね。」
「大きな皮でまわりを全部つつんでいるみたいだね。いろいろな冬芽があるだろう。あ! あそこにつる植物のマタタビがあるよ。見てごらん。」
「マタタビって、あのネコが大好(す)きなものですね。」
「ほほー、オー君、よくおぼえていたね。えらいね。」
「うわー、オー君見て。この冬芽は頭をひっこめているみたいでかわいいわ。きっと寒くて頭が出せないんだ。」
「なるほど。それだけ、きっと寒さがきびしいということなんだ。」 

 


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights