NO.227

木の冬芽のふしぎ発見 その1

「あーあ、つまんないな。冬は虫がいなくてつまんないなー。」
「冬はさく花も少ないし、とってもさみしいわ。早く春が来ないかな。」
「おいら、かえ歌作ったよ。こんなのどうかな。
  ♪春よ来い 早く来い
  花ちゃん オー君 ひまですよ
  なんだか とってもひまですよ
  早く来い来い 春よ来い♪
どうだ! けっさくだろう。」
「まあまあというところかな。ほんとうに早く春が来ないかな。」
「二人とも元気がないね。春はまだまだ先だよね。でもね、モンタ博士は、今ごろの季節も好(す)きなんだ。春が来るのを待つという気分が好きだね。」
「でも、モンタ博士。お花はさいてないし、遠くの山を見ても、葉っぱを落としてしまった木ばっかだもん。この前は、雪景色で楽しかったけど、雪もとけてしまったし、今は、かれ木ではだかの木みたいだし・・・・・・。」 
「そうか。木がかれているというのは、木が死んじゃっているというわけかな。」
「ちょっと、待っておくれよ。木はほんとうに死んじゃっているのかな。ところで、葉っぱを落とす木を何ていったかおぼえているかな。」
「たしか、落葉樹(らくようじゅ)というんでしょ。いつも緑色の葉をつけているのが常緑樹(じょうりょくじゅ)ですよね。」
「おいらも少し思い出してきたぞ。それにしても、あれだよね。常緑樹というのは、1年中葉っぱをつけているから、木の形がよく分からない。でもさ、落葉樹は葉っぱがないから、木の形がよく分かるな。」
「そのとおり。さすがはオー君。いいところに気がついたね。木の形のことを、むずかしい言葉で樹形(じゅけい)というんだけど、木の種類(しゅるい)によって、いろいろな形があるんだよ。それは、またゆっくり話すとして、1本の木でも、場所によってちがうんだよ。」
「ふーん、名前がちがうの?」
「真ん中の太いところを幹(みき)といってその他は、枝(えだ)というのさ。」
「でも、はだかの木を見てもおもしろくないな。何もないもん。」
「何もないかな。よく見てごらん。枝の先に、冬芽(ふゆめ)といって、春になったら、葉っぱになったり、花をさかせるものがついているんだよ。」
「うわー、寒そうだわ。冬芽って。」
「そのとおり。いいところに気がついたね。さすが花ちゃんだ。冬芽というのは、寒い冬の間、春の来るのをじっと待っているんだよ。」
「冬芽はさぞかし寒いだろうな。おいらが冬芽だったら、いっぱいあったかいものを着こんだりするな。まず、Tシャツの上に、シャツを着て、その上に、セーターを着て、さらにフリースを着て、最後はジャンパーをはおるな。そうだ。毛糸のぼうしがあれば最高だ。」
「冬芽も同じようにすればいいのにな。」
「そのとおり。それを冬芽はちゃんとやっているのさ。たとえば、サクラという木の冬芽は何枚(まい)も何枚も皮をかぶっているよ。タケノコの皮みたいだろう。」
「ほんとだ。皮みたいのがある。植物だって寒い冬をのりこえるために、くふうしているんだ。すごいな。おどろいたな。」
「冬芽のふしぎはまだまだたくさんあるよ。少しずつ見ようね。」
「なんだか楽しくなってきちゃった。冬芽のふしぎ発見に向けてGO!」

 


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights