NO.225

目立つ動き、変わった動きをする鳥

「モンタ博士、この前は鳥の歩き方のお話で終わってしまったでしょう。動きについてのお話も聞きたいのですが・・・・・・。」
「動きって、つまり、動作(どうさ)、身のこなしということかな。」
「そのとおり。鳥にはね、全部ではないけど、目立つ動きをする鳥がいるんだ。」
「そういう鳥から名前をおぼえていけばいいということですね。」
「たくさんの種類(しゅるい)の鳥の中から、とくちょう的(てき)な鳥と仲(なか)良しになればいいさ。」
「鳥の大きさ、形、歩き方、それから、とくちょうのある動きをする鳥を知ることが大切ですね。」
「下はキセキレイですね。」
キセキレイ
「キセキレイやハクセキエイ、それからセグロセキレイなどは、みんな尾(お)を上・下にふったりするのがとくちょうなんだ。」
「おいらも、このセキレイの仲間(なかま)は見たことがある。プールにも来ていたよ。」
「セキレイの仲間は、学校の前の川にもたくさん来ているよ。」
「他にもとくちょうのある動きをする鳥はいるんですか。」
「そうだね。モズという鳥もおもしろい動きをするよ。それはね、尾を回すようにふるんだ。」
モズ
「かわいい感じですね。ぜひ見てみたいな。」
「モズって、かわいい鳥じゃないよ。」
「どうしてなの、オー君。」
「だって、モズという鳥はネズミだっておそうそうだよ。ワシやタカみたいじゃないか。」
「かわいいかどうかは別(べつ)として、モズは小さな動物だってとるんだ。くちばしの先がワシやタカのように少し曲がっていて、するどいのはそのためさ。それから、モズのはやにえというのは有名な話だよ。」
「モズっていろいろなとくちょうがあるのね。それから、モズは他の鳥たちの鳴き声をまねするのがとてもじょうずで、『百舌』と漢字で書くそうよ。」
「ものまねチャンピオンみたいな鳥だね。」
「モンタ博士、もう他に、変(か)わった動きをする鳥はいないんですか。」
「最後(さいご)は、ジョウビタキという鳥だね。この鳥は頭をちょこちょことふって、まるでおじぎをしているみたいなんだ。それに、尾をこきざみにふるわせるそうだよ。冬になると、わたってくる鳥だよ。」
ジョウビタキ
「そういうのを冬鳥というんだよね。」
「私もおぼえているわ。冬鳥というのは、秋に北の方からわたってきて冬をこす鳥のこと。代表的な鳥はツグミ、マガモ、ジョウビタキなどね。」
「夏鳥というのもいるんだよね。春に南からやってきて、日本でたまごを産(う)んだりして、ふえていく鳥なんだ。ツバメやオオルリなどが代表だ。」
「二人ともよくおぼえていたね。それじゃ、一年中同じ所にいる鳥は何だっけ。」
「それは、留鳥(りゅうちょう)でしょ。ヒヨドリ、メジロ、ホオジロ、カラス、スズメ、セキレイなどだよね。それから、カルガモもだね。」
「へえー、カルガモも留鳥なんですか。」
「そうなんだ。ほとんどのカモは、春になると北に帰ってしまうけど、カルガモだけは、ちがうんだ。だから、カルガモは漢字で書くと、『夏留(かる)ガモ』なんだ。夏でも、留(とど)まっているカモという意味だね。」

モズのはやにえ

 モズが有刺鉄線や木の枝やとげなどに、ミミズや昆虫、小動物などを刺しておくことをはやにえという。ネズミやヒミズなどの大きなえさを引きちぎるためとか、えさが不足した時の非常食を用意しておくためとも言われている。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights