NO.221

春は背の低いお花がいっぱい!

「うわあー! きれいなお花だ。」
「ホトケノザというのよ。」
「どこにさいているの。」
「え! オー君知らないの。校舎(こうしゃ)の前のみんなの畑にいっぱいさいているよ。」
「そうなんだ。おいら、まったく知らなかったな。」
「とても小さなお花なのよ。それで、気がつかなかったのね。」
「小さなお花といえば、オオイヌノフグリも小さかったね。」
「そうね。思い出して! 今の季節(きせつ)は小さくかわいいお花がいっぱいなのよ。」
「どんなお花があったっけ?」
「ナズナでしょ、それから、ヒメオドリコソウ、それから、タネツケバナにハコベもあったわね。」
「いろいろあるんだ。それにしても、立っていたら見えないものばかりだ。」
「お花を見る時には、ひざをついて観察(かんさつ)するのよ。」
「ひざをついて観察するということは、それだけお花が小さくて、地面の近くで育っているということだな。」
「そうね。それがどうかしたの。」
「そこで、おいらは考えたのさ。今ごろ花をさかせるような植物って、みんな背(せ)が低(ひく)いんだ。」
「オー君、大発見ね。すごいことに気づいたね。」
「そのとおりだね。すごいぞ、とってもよく気がついたね。」
「今ごろ花をさかせる植物は、みんな背が低いんだ。おチビちゃんばかりなんだ。そうだ。背が低ければ、風もあまり当たらないし、それだけあったかいということかな。」
「オー君は、ほんとうによく観察(かんさつ)していたね。よーく考えたね。じーと見ていると、いろいろなことに気づくんだね。それがすばらしいことだね。」
「オー君に拍手(はくしゅ)! パチパチパチ。ところで、地面の近くって、どのくらいあたたかいのかしら・・・・・・。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights