NO.220

竹炭と花炭を作ってみよう!

「今日は楽しみにしていた炭焼(すみや)きですね。」
「わくわくドキドキしちゃうね。」
「おじさんたちの言うことをよく聞いて、けがのないようにしようね。」
「わたし、竹炭(たけすみ)を作るなんてはじめてです。」
「ぼくもだよ。それから、先生たちもはじめてだと言ってたぞ。」
「今日は、いろいろな体験(たいけん)をしよう。そして、森や林のつくりのこと、それから、木や炭について、いろいろと学んでいこう。」
「あれあれ? 竹炭づくりは終わったのに……、何かをやっているわ。」
「みんなで『花火』をやるそうだよ。どうやるのかな。
「炭の粉(こな)がわりばしのふくろに入れてあるんだよ。それで、花火みたいになるんだね。」
「とてもきれいですね。本当の花火と同じですね。そのとなりでは、また別(べつ)のことをしていますね。」
「そうだね。鉄の大きな缶(かん)があるよ。何をやっているのかな。」
「これはね、花炭(はなすみ)というものだよ。クリのいがなどを入れると、そのままの形できれいな炭になるんだ。あしたを楽しみにしていようね。」
そして、次の日……。
「ほんとうに炭ができているのかな。わくわくドキドキでしたね。」
「ほり出して、炭が出てきた時は、ほんとうにうれしかったね。」
「少しこなごなになっていたけど、手でさわるとざらざらで、やっぱり炭ね。」
「つかみだして、炭どうしでたたいたら、カランカランといい音がしたね。」
「花炭の缶を開ける時は、『玉手箱』を開けるようにドキドキだったね。」
「クリのいがやバラの花がそのままだった時には、ほんとうにびっくりしたね。」
「ピーナッツ、クリ、おりづる、レンコン……、みんなきれいにできたね。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights