NO.219

花を見て、花の名前を考えよう!

「あれあれ、花ちゃん。またまたお花のスケッチですね。それにしても花ちゃんは、スケッチが上手(じょうず)だね。おいら感心しちゃうな。ところで、その植物は何ていうの? 何という名前の植物なの?」
「オー君。おほめにあずかり、どうもありがとうございます! これはね、この植物の名前はね、キキョウ科のね……。」
「花ちゃん! ちょっと、ちょっと、ちょっとちょっと! お花の名前を言うのをちょっと待って!」
「え! どうしてですか。どうしたんですか、モンタ博士!」
「あのさ。いつも花ちゃんがオー君に植物の名前を教えてあげてるよね。でも、今日は、すぐに名前を言わないでよ。あのさ、オー君に植物のいろいろな特徴(とくちょう)を見つけてもらって、それで、オー君にお花の名前を考えてもらったらどうかな。」
「なーるほど。それは、楽しいですね。」
「そうだろう、そうだろう。名前を聞いて、『はい、そうですか』で終わっちゃったら、つまらないよ。それよりも、自分で植物の特徴(とくちょう)を発見すること。目で見たり、さわったり、葉っぱのにおいをかいだりしながら、五感(ごかん)を使って自分なりの名前を考えることのほうが、ずっと植物と仲良しになれると思うよ。ねえねえ、そうしようよ。花ちゃん!」
「そうですね。ほんとうにそうですね。そうしましょう。」
「さて、今日は、オー君がどんな名前を考えるか。どれだけ観察力があるか楽しみだね。さあ! オー君、このお花に自分ですきな名前をつけてごらん。」
「よーし。こりゃ、楽しくなってきたぞ。まかせとけ! ふーむ。花は小さくて、うすいむらさき色で、ベルの形をしているぞ。」
「なるほど、なるほど。よく観察できているぞ。」
「それで、名前は……。そうだ。『小さむらさきベル花』なんてどうかな。」
「なかなかいい名前ですね。さすが、オー君ね。」
「ちょいと待てよ。そうだ。小さいはスモールだ。むらさきはバイオレットだよな。それに花はフラワーだから……。『スモールバイオレットフラワー』なんてどうかな。」
「なるほど、なるほど、こりゃおもしろい名前だぞ。いいぞ! オー君。」
「ステキね。もっとほかの名前が考えられないかしら……。」
「ちょいと待てよ。あれ……。葉っぱをちぎると白い汁(しる)が出たぞ。」
「なるほど、それは、いいところに気がついたね。」
「白い汁が出るから、『ミルク草』なんてどう。」
「『ミルク草』ね。楽しい名前ね。」
「白くてミルクみたいだから……。あ! そうだ。『おっぱい草』なんていいかも?」

ツリガネニンジンのつぶやき

 高さが1mほどになり、明るいススキ草原や川原の土手などで普通に見られる植物なんだ。恩方(おんがた)で見たければ、陣馬山の頂上に行けば、まだあちこちに咲いているよ。名前は、花が釣り鐘形であることと、根が太くてコウライニンジン(高麗人参)に似ているからなんだ。通称としてトトキと呼ばれる山菜で、「山でうまいはオケラにトトキ」と言われるように、若芽をおひたしや天ぷらなどにもするんだ。なお、白い汁が出るのは、キキョウ科の特徴でもあるんだな。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights