NO.212

鳥の羽の形のちがいのあれこれ@

「花ちゃん! いいもの拾っちゃった。」
「あら! これは鳥の羽ね。」
「いいだろう。おいら、これからは鳥の羽集めをするんだ。」
「どれどれ、見せてごらん。オー君はいいものを拾ったね。拾いものから観察(かんさつ)は始まるんだね。羽一枚(いちまい)だって『自然からのメッセージ』だね。」
「モンタ博士! 鳥は種類(しゅるい)によって、羽の色や形がいろいろあるんですね。」
「そうだね。それじゃ、羽について、科学的に見たり考えたりしてみようか。」
「コサギのような白い鳥は白い羽、カラスのような黒い鳥は黒い羽……だよね。」
「でも、コサギやカラスばかりが鳥じゃないわよ。いろいろなきれいなもようの鳥は、羽の色やもようもいろいろあるでしょうね。」
「もちろんそうだろうね。大きさや形、もようから、どんな鳥かを想像(そうぞう)するのは楽しいことだね。」
「羽を拾ったら、何という鳥かを調べるのは、クイズみたいだ。」
「鳥の羽図鑑というのもあるからね。それを見ながら絵合わせして、調べるといいと思うよ。ところで、鳥の羽は、体の生えているところによって形がちがうことを知っているかな。」
「え! 体の生えているところで形がちがう……? どういうことですか。」
「それじゃ、羽の形でどこにあった羽か分かるわけ……?」
「そうだよ。分かるんだよ。下の写真を見てごらん。」
「あれあれ? 3つとも形がちがうぞ。」
「Aの羽はよく見るけど、BやCの形の羽もあるんだ。」
「Aの羽は、軸(じく)といってかたい骨(ほね)みたいなものがあるだろう。それが、どっちかにかたよっているだろう。それに、少しカーブしていて、ちょっとアーチのようにそっているのも分かるかな。」
「ふむふむ。なるほど。」
「Bの羽は、ほとんどまっすぐで、軸はまん中でAのようなかたよりはないね。」
「ふむふむ。なるほど。」
「Cの羽は、やわらかくて、短いものが多いね。つまり、鳥の羽は、体の生えているところや目的によって、形がちがうのさ。ところで、Aの羽は左の羽だね。」
「え! 右の羽か左の羽かも分かっちゃうんですか。」
つづく……。

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights