NO.209

時を知らせる「時の鐘」−昔の時のよび方

「あれあれ? この写真は何だ?」
「どこかに社会科見学に行ったみたいだね。」
「そうらしいですね。みんなで何かを見ているようですね。」
「これはね、八王子市指定の有形文化財(ぶんかざい)の『時の鐘(かね)』だよ。」
「ずいぶんと古そうな鐘ですね。」
「どのくらい昔の鐘なのかしら……?」
「この鐘は、今から300年くらい前につくられたものなんだよ。」
「ひえー! 300年! すごく昔ですね。」
「そうだよ。そして、長い間、八王子の町の人々に時を教えてくれたんだよ。」
「そうか。昔は時計なんてなかっただろうしね。」
「それで、鐘の音で時刻(じこく)を知らせたのね。」
「そうだよ。ゴーン。ゴーン。と決められた数だけ鐘をついたそうなんだ。」
「決められた数だけって言うけど、どのくらいついたの。」
「2時間おきにたたいたんだ。9つから4つまで、いろいろな時間についたんだ。くわしくは下の表を見てね。」
「なるほど。それじゃ、午前6時は『明け六つ(あけむつ)』と言って、6回の鐘をついたというわけですね。」
「それからね、先生に教えてもらったけど、『おやつ』というのはね、午後2時さ。」
「え! それって、どういうこと?」
「ふつう、おやつと言ったら、3時ですよね。」
「そうだよ、そうだよ。歌にもあるだろう。『♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは○○○♪』と言うもんな。」
「おやつはね、『8つ(やつ)』というのがもともとの意味なんだって。」
「それで、表を見ても分かるように、8つは午後2時だろう。だから、昔は、午後2時におやつを食べていたというわけさ。」
「なーるほど。そういうことか。それから、12支(し)というのは、年や月、方位(ほうい)、時刻などいろいろなことで使われていたんだね。」
「そうよ。てくてく自然散歩のNo.103には、絵がのっていて分かりやすいわ。」
「そうだ。もう一度、見てみよう。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights