NO.200

針葉樹のお話@−裸子植物

「あれあれ? 何だ、こりゃ?」
「ははーん。なるほど。今日は、針葉樹(しんようじゅ)のお話ですね。モンタ博士!」
「ピンポーン。そのとおり。今日は、針葉樹のお話さ。」
「な、な、何だよ。そのしん……なんとかって……、何だ?」
「あれあれ、わすれちゃったの。オー君。葉っぱが細長くて、針(はり)のような葉っぱをつける木を針葉樹というのよ。」
「あ! おいら、思い出した。マツとか、スギなんかも針葉樹というんだよね。でも、ちょいと待てよ。そんじゃ、ふつうの葉っぱは何て言うんだ。」
「ほほー、なるほど。いい質問(しつもん)だ。花ちゃん、知ってるかな。」
「ええっと……、ふつうの葉っぱは……落葉樹(らくようじゅ)? いや、ちがうわ。常緑樹(じょうりょくじゅ)? いや、これもちがうか……、あー……。何だか分からなくなっちゃった。」
「そうだね。それじゃ、今からきちんと整理(せいり)しようね。」
「うん、そうしよう、そうしよう。針葉樹でない葉っぱを何て言うかだったよね。」
「まず、針葉樹というのは、針のように細いからだね。それに対して、葉っぱが広いものを広葉樹(こうようじゅ)というのさ。つまり、葉っぱの形についてのよび方だね。」
「落葉樹とか常緑樹というのは……?」
「まず、落葉樹というのは、漢字を見ても分かると思うけど、冬になると、葉っぱを落としてしまう木だね。それに対して、常緑樹というのは、常(じょう)という漢字があるけど、その意味は「いつも」ということだ。だから、いつも緑色で冬でも葉っぱをつけているということさ。つまり、いつも葉っぱをつけているかどうかというよび方だね。」
「分かりました。分かりました。これでやっと整理がつきました。」
「よかったね、花ちゃん。」
「あ! ところで、言いわすれたけど、写真にもあるモミ・イヌガヤ・ツガは、裸子植物(らししょくぶつ)ともいうんだよ。」
「え! 裸子植物? 何だ、そりゃ?」
「また聞いたことのない名前ですね。」
「針葉樹と広葉樹のほかにまだあるの。」
「落葉樹と常緑樹のほかにまだあるの。」
「裸子植物の『裸』とは『ら』と読み、『はだか』ということなんだ。」
「モンタ博士、何がはだかなんですか。」
「つまりね、はだかとはね、種子になるところがはだかでむき出しになっていることで、反対に種子になるところが子房(しぼう)にくるまれているものを被子(ひし)植物というのさ。このお話は、また今度ゆっくりとしてあげようね。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights