NO.197

魚取りの名人、カワウ

「あれあれ? 木の上に何かいるよ。黒い鳥みたいだけど……。」
「そうね。私もはじめはカラスかと思ったけど……。」
「カラスじゃないの……。そう言えば、少し頭やくちばしの形がちがうようだね。」
「カラスとは飛び方がまったくちがうのよ。」
「どんな飛び方だったの。」
「あのね、首を前に出すようなかっこうで飛ぶのよ。」
「ふーん。そうなんだ。ところで、何という名前の鳥なの?」
「この鳥はね、カワウというのよ。体は黒くて、先の曲がった長いくちばしと長い首の鳥ね。」
「ふーん、なるほど。それから、尾(お)っぽも長いようだね。他にカワウには、どんな特徴(とくちょう)があるの。」
「体を立てて止まるし、グワッグワッとか、グルグルとも鳴くわ。」
「ふーん。そうなんだ。」
「それから、このカワウというのは、お魚をよく食べる鳥で、川の魚を取るのがとても上手(じょうず)なのよ。」
「ふーん。そうなんだ。」
「魚を取るときには、1分以上ももぐっていられるんだって。」
「え! 1分も!」
「そうよ。それに10mくらいの深さまでもぐれるそうなのよ。」
「ふーん、そうなんだ……。あ! 思い出した。この魚って、ひょっとしてひょっとして、『うかい』?」
「ピンポーン。そのとおり。オー君は物知りね。うかいというのは、漢字で書くと『鵜飼い』となるの。カワウを飼いならして、アユなどの魚を取らせることなのよ。岐阜県(ぎふけん)の長良川(ながらがわ)の鵜飼いと言えば、とても有名なのよ。」
「でも、そんなにお魚を取るのがうまかったら、カワウにとってはいいけど、そこの魚にしてみれば、いつも食べられてしまって、たいへんなことにならないかな。」
「そうなの。少なすぎてもこまるけど、ふえすぎてもこまるでしょ。それで、カワウは、狩猟鳥(しゅりょうちょう)として、野鳥だけど、取ってもいい鳥ということになってしまったのよ。狩猟鳥は、日本に29種もいるのよ。」
「ふーん。そうなんだ。」
「ところで、さっきからオー君は何をしているの。エンピツを持って、何かかいているようね。ねえねえ、見せてよ。お願い。」
「どうだい。おもしろい形をしているなあと思ったので、シルエットにしてみたのさ。」
「うわあー。オー君。とても上手(じょうず)ね。こうして、シルエットにしてみると、鳥の形がほんとうによく分かるわね。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights