NO.190

クワゴはカイコの仲間なんだ

「モンタ博士! ニュースです。大ニュースです。」
「どうしたの? どうしたの?」
「今、ぼくたち3年生は理科の学習で、カイコを飼(か)っているんです。」
「カイコというのは、まゆから絹糸(きぬいと)をとるために、飼育(しいく)されているガの仲間(なかま)なんです。」
「そうだよね。それは知ってるよ。それがどうしてニュースなの。」
「そのカイコの原種(げんしゅ)のクワゴをぼくたちが見つけたんです。」
「クワゴを見つけた? ほんと! すばらしい。ブラボー! はくしゅパチパチパチ。」
「原種ってなあに?」
「原種っていうのは、品種改良(ひんしゅかいりょう−人間が手をくわえてよりよいものにすること)される前の、もともとの野生の植物や動物という意味なんだ。」
「つまり、カイコというのは、5000年くらい前から、人間が品種改良しながら作った虫ということなのさ。」
「そのカイコの原種がクワゴという虫なんだ。」
「へえー。3年生のみんなはよく知っているね。感心(かんしん)。感心。」
「そのクワゴをぼくたち3年生が見つけたんです。」
「それが上の写真だね。うれしいね。モンタ博士もはじめて見るよ。」
「え! モンタ博士もはじめて見るんですか。」
「そうだよ。だから、とてもうれしいのさ。3年生のみなさん。どうもありがとうね。モンタ博士はね、クワゴのまゆは見たことがあるけど、幼虫(ようちゅう)ははじめてなんだ。」
「え! クワゴもまゆを作るの。どんなまゆなの。」
「ほーら。見てごらん(下の写真)。これがクワゴのまゆなんだ。カイコのまゆとどうちがうだろうね。」
「カイコのまゆとはちがって、ちょっと色がついているよ。」
「それから、カイコより少し小さいみたいだよ。」
「カイコの仲間なのにぜんぜんちがうね。」
「それじゃ、どんなところが同じだろうね。」
「白い糸がいっぱいあるところかな。」
「形は少しにているよ。それから、クワゴもクワの葉を食べるよね。」
「そのとおりだね。形や大きさなどをしっかり見ようね。そして、同じこととちがうことをきちんと観察(かんさつ)してみることが大切なんだ。比較(ひかく)してみるというのは、とても科学的(かがくてき)な見方だね。それから、五感(ぎかん)を使って観察することも大切だね。みんなの住んでいる町には、いろいろな花や虫がいるだろう。これからも興味関心(きょうみかんしん)をもって、たくさんの動植物の観察をしようね。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights