NO.188

実がぱっくり開いて−アケビ!

「あれあれ? でっけえウインナーだな?」
「ちがうでしょ。オー君、よく見て。」
「そういえば、ウインナーにしては、太すぎるなあ……。」
「え! どうしたの。何だ、こりゃ? 見たことないな……。」
「わたしにも見せて! え! 何これ?」
「先生たちも知らないんですか。こまっちゃうな。」
「と言われても、見たことないもんな……。」
「そうか、そうなのか……。無理(むり)ないかもね。でも、これは、デパートなんかだと、一つ200円とか300円するんだよ。」
「200円! 300円! そんなに高いの? どこで手に入れたの。」
「あるお友達のおうちにいっぱいあるそうでね、わざわざ学校まで持ってきてくれたんだよ。」
「そうだよ。昔の子どもは山に入って採(と)っては、おやつにしたそうだよ。」
「おやつ? それじゃ、食べられるんですか。」
「そうよ。つぶつぶが多いけど、とってもあまいのよ。」
「それでは、いただきまーす。もぐもぐ……、こりゃ、あまいね……。でも……。」
「ぼくも……もぐもぐ……、あまいけど……、種ばっかりだ。」
「種はプイッと、はき出していいんだよ。」
「もぐもぐ、ところで、これは何ていうんですか。」
「実をよく見てごらん。ぱっくりと開(あ)いているだろう。だから……。」
「分かった! アケビだ。アケビって、これだったのか。なーるほど。」
「生き物の名前というのは、その物のようすや形、特徴(とくちょう)からつけられたものが多いんだね。」
「そうだ! カブトムシは、頭の形がカブトだし、クワガタは、クワの形をしているもんな。」
「そうですね。ゆれてさくから『ユリ』でしょ、カエルの手みたいだから、『カエデ』でしょ、大きな根だから、『ダイコン』でしょ、ねじれてさくから『ネジバナ』でしょ……、いっぱいいっぱいあるわ。」
「たけえなーと思うから『タケ』だろ、もーみごとな木だから『モミ』だろ、ほおーと思うから『ほおのき』か……。」
「う……、ちょっとちがうような感じもするけど……。まあ、いいか。」
「ともかくも、生き物と名前って、けっこうおもしろい関係にあるんだね。さあ、それでは、アケビをみんなで食べようか。」

アケビのつぶやき

 ハーイ! 私はアケビです。つるになる植物で、『ジャックと豆の木』みたいに、つるであちこちの木にからんで、どこまでどこまで伸びていきます。私のつるはとても丈夫で、特にミツバアケビのつるはアケビ細工などでも使われます。  アケビは春4月〜5月に、うすいむらさき色の花を咲かせます。花にはおいしい蜜がまったくないので、昆虫たちは花粉を目当てに集まります。では、花粉がない雌花はどうするのでしょう。雌花は雄花そっくりの形をとり、おまけに大きさも倍くらいにして、長い柄をつけて前面に出て目立つように工夫しています。昆虫たちは、りっぱな雄花と間違えて「こりゃ、ラッキー!」と思うのでしょう。  要するに、これがアケビの花のだましのテクニックなのでしょう。そして、長い進化の過程でアケビが獲得してきた「生き残り戦略」の一つなのでしょう。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights