NO.179

竹炭にチャレンジ

「何だ、こりゃ?」
「何ですか、これ?」
「鉄でできているみたいだ。」
「ステープラーよりずっと大きいみたいだね。」
「花ちゃんもオー君も知らないのか。これは、鉄でできているんだ。とっても重いんだぞ。右手と左手で持つんだ。そして、上から『エイッ』と下ろすのさ。すると、みごとに5つにわれるというわけさ。」
「うーん。ますます分からなくなったぞ。」
「5つにわれるというけど、何をわるのかしら。」
「あれあれ? 今度はあなみたいなものがあるぞ。」
「そうね。とても大きくて深そうですね。」
「どうして、あななんかあるんだろう。」
「だれがほったのかしら……?」
「花ちゃんもオー君も知らないのか。このあなは、たて160cm、横80cm、深さが40cmもあるんだ。とっても深いあなでね。ほるのに苦労(くろう)したんだ。」
「あななんかほって、どうするんだろう。後ろのほうにビニルぶくろも見えるわ。」
「あれあれ? ビニルぶくろの中は何かが入っているみたいだね。」
「何が入っているのかしら。」
「花ちゃんもオー君も知らないのか。これは、落ち葉をたくさん集めて、ビニルぶくろに入れてあるのさ。いっぱいいっぱい使うから、みんなでたくさん集めて、ぎゅうぎゅうにしたんだ。」
「へえー。そうなんだ。いったい何をするんだろう。」
「ねえねえ、何をするか教えてよ。あれあれ? また何かちがうものがあるけど……、何だろう。」
「木じゃないわ。あれあれ、竹みたいですね。」
「みんな同じ長さに切ってあるみたいですね。」
「ねえねえ、モンタ博士! これから何をするの。」
「そうだよ、そうだよ。おいらたちにも教えておくれよ。そして、いっしょにやらせてよ。仲間に入れてよ、お願いだよ。」
「うん、いいよ。OK。いっしょに竹炭(たけすみ)作りをやろう。やろう。みんな、わくわくドキドキしちゃうぞ。」
「竹炭作り……?」
「そうだよ。竹炭のもとは、竹なんだ。竹を上の鉄の竹割り器(たけわりき)で五つにさくんだ。それから、竹を1か月ぐらいほすんだ。そして、その竹をあなに入れて、落ち葉をのせ、土をかぶせて焼(や)くんだよ。」
「ふーん。こりゃ! 楽しそうだ。でも、今どうして竹炭なんだ。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights