NO.173

リンゴとカキの観察―その1 (こたつでできる植物観察)

「花ちゃん、オー君、元気かい。今日は二人にくだものを持ってきてあげたんだ。おいしそうなカキとリンゴだろう。」
「わたし、くだものだーいすき。」
「リンゴとカキの観察(かんさつ)をするぞ。といっても食べることだけど……まあ、食べるということは五感を使う観察だから、勉強にもなるし……、いただきまーす。」
「そんなにあわてないで、食べる前によーく観察してみようよ。くだものや野菜(やさい)は、食べ物としてはよく見ているだろ。でも、くだものや野菜だって植物だよね。植物のどの部分を食べているか考えたことあるかな。」
「そういえば、ミカンやイチゴで食べているところは果実のどこなんだろうな。」
「そういえば、タマネギを横に切ると、なぜわっかになるのかな。考えてみると、よく分からないことばかりだな。」
「そうだろう。野山に行かないと植物の観察はできないと思っているだろう。でも、そうではないよ。観察する材料(ざいりょう)はおうちの中にもたくさんあるのさ。」
「なるほど、そのとおりだ。今は外が寒いし、草や花もねむっている時だから、くだものや野菜の観察もおもしろそうだな。」
「『こたつ』でできる植物観察ということですね。ばんごはんの後のデザートを食べながらでも植物観察はできるのね。」
「野外で見る植物の果実(かじつ)はほとんどが小さいものばかりだろ。でも、くだものや野菜の果実は、大きくて観察しやすいよね。それに、おうちの人といっしょに観察するのも楽しいね。果実に入っていた種をまいて、芽の出 てくる様子を観察してハチに植えたり、春を待って花のつくりを調べれば、植物のようすもよく分かり、興味(きょうみ)も深まるね。」
「それで、モンタ博士は今日リンゴとカキを持ってきてくれたんだ。」
「食べたいな。という思いはちょっとがまんして、じっくりと見てみよう。」
「ここに持ってきたのは、リンゴとカキだよ。さあ、花ちゃん・オー君。よーくよーく観察してごらん。」
「でも、どうやって観察すればいいのかな。」
  つづく……。

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights