NO.169

イチョウ……名前の由来

「モンタ博士! イチョウって、どうしてイチョウという名前なんですか。」
「そうだね。名前から調べるということはいいことだね。でも、今日は二人でインターネットで調べてごらんよ。モンタ博士はギンナンを食べる用意をしておくからね。それじゃ、がんばってね。バイバイ。」
「あれ? モンタ博士がいなくなっちゃった。でも、まかせといて。この花ちゃんは、パソコンの達人(たつじん)ですからね。」
「えーと。それでは、イチョウの名の由来(ゆらい)からだよ。」
「あ! 書いてあるわ。何々、イチョウの葉の形がカモの足ににていることから、中国では鴨脚(かもあし)と書いて「ヤーチャオ」とよばれ、それがなまって、イーチャオ、イチャオ、イチョウ……とよばれるようになったらしいわ。」
「ふーん、おもしろい名前のつけ方だね。でも、けっこうむりがある感じだね。それじゃ、次にギンナンには、どんな栄養(えいよう)があるかだ。」
「ふむふむ、たんぱく質(しつ)やアミノ酸(さん)をバランスよくふくむ栄養価(えいようか)の高い食品と書いてあるわ。でも、ちょっと待って、メチルビリドキシン? という中毒(ちゅうどく)物質がふくまれているそうよ。」
「だから、ギンナンをあまりたくさん食べてはいけないということなんだね。」
「あれあれ、ちょっと待って、ギンナンがたくさんとれる年があるんだわ。」
「何だって、どういうことかな。年によってちがいがある?」
「イチョウには、大量にギンナンをつける『表年』(おもてどし)と、ギンナンがあまりつかない『裏年』(うらどし)とがあるそうよ。ふむふむ、なるほど。ギンナンをつけることで栄養をとられたために、豊作(ほうさくーたくさんとれること)の次の年は不作(ふさく)になるんだわ。」
「なるほど、そういうことか。」
「それから、今年が表年なのか裏年なのかは、一本一本の木によってちがうそうよ。今年のイチョウは、どっちだろうね。」
「そうだね。たくさんのギンナンが落ちているというのは、今年は表年だということじゃないかな。そう、たぶん、表年だよ。あ! ちょっと待って。表年とか、裏年とかは、ギンナンだけに言えることなのかな。」
「そうか、今年はカキの実りがいいなあとか、今年はクリの実りが今一つだったなあとか、わたし、聞いたことがあるわ。」
「そうだよ、花ちゃん。表年とか裏年というのは、リンゴやブドウ、それから、ミカンなどでも言えることなんだ。」
「そうね。今度、モンタ博士にも聞いてみましょうね。あれ? あっちから大急ぎで走ってくるのは、モンタ博士みたいですね。」
「おーい、花ちゃん。おーい、オー君。見つけたぞ。見つけたぞ。これこれ!」
「あれ、モンタ博士が何かを発見したみたいだね。」
「そうね。手に何か紙のような物を持って走ってくるわ。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights