NO.166

タデ食う虫もすきずき (イヌタデのお話)

「あれ! これ、見たことあるぞ。」
「あれ! これは、イヌタデですね。」
「そうそう、イヌタデだ。学校の『自然ふれあい広場』の『わたしはだーれ?』コーナーにもおいてあったね。」
「そうね。このイヌタデは、おままごとによく使われるものですね。」
「そのとおりだね。モンタ博士が小さいころは、『アカマンマ』と言っていたよ。」
「アカマンマ? 何だ、そりゃ?」
「あのね、お赤飯(せきはん)ってみんなよく食べるでしょ。それによくにているし、赤いおまんまだから、アカマンマというのよ。そうですよね、モンタ博士。」
「そうだね。小さいころは、このイヌタデを使っておままごとをしたよ。」
「ところで、モンタ博士。このイヌタデというのは、いつまでもよくさいているお花ですね。ずうーっと、赤い花がさいたままですね。」
「うん。まあ、そうだね。」
「え! でも、ちょっとおかしくないかい。さいた花はいつかはしぼんでしまうだろ。いつまでもさいているというのは、ちょっと変(へん)だよ。」
「なるほど、オー君の言うとおりだね。それじゃ、イヌタデがどうやってさいているか、よーく見てごらん。」
「よく見ると、小さな花がたくさん集まっているんですね。白く見えるものと赤いものが見えますね。」
「そうだろう。ところどころ白く見える部分がさいている花で、ピンク色しているのは、つぼみやさき終わった花なんだよ。」
「え! 花が終わっても花がある? どういうことですか。」
「イヌタデというのはね、花びらに見えるけど、花びらがなくて、本当は「がく」というものなのさ。ふつう花は終われば、花の色があせたり、散(ち)ってしまうだろう。でも、がくだから、いつまでもピンクの色をしているんだよ。」
「なーるほど。それで、いつまでも花がさいているように見えるんですね。そして、虫たちにさいている花が分かるように、花を白く変化(へんか)させるのですね。」

蓼(たで)食う虫も好き好き・・・とは

 人の好みは、人それぞれ違いがあるという意味のことわざです。この場合の蓼(タデ)とはヤナギタデのことで、かむとぴりっと辛みがあります。この辛みが人間の食習慣で好まれて、芽タデを刺身のつまにしたり、葉をたで酢の材料にしたりします。一方、イヌタデには辛みが全くありません。それで、役に立たないとか、偽物いうことで、イヌという接頭語がついてしまったようです。よく植物名にイヌの名前がつくものがありますが、それらは、すべて同じような意味です。イヌムギ・イヌビエ・イヌホウズキ・イヌビユなどなど。なお、イヌという接頭語がついた植物名は、牧野植物図鑑では草本・木本・シダ植物などすべて含めて74種もあり、クマは22種。ネコが8種、キツネとタヌキが6種です。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights