NO.162

リュウノウギクのさく季節

「上の絵は、何というお花ですか。」
「これはね、リュウノウギクだよ。」
「え! 何々?? ……リュウノウギク……? 聞いたことのない名前だな……。」
「ひょっとして、野菊(のぎく)の仲間ですか。」
「そうだよ。野菊だ。野菊というのはね、栽培(さいばい)しているキクでなくて、野生のキクなんだ。よくにた種類(しゅるい)があって、日本全国、地域(ちいき)によってさまざまなものがあるんだよ。」
「野菊といえば、ユウガギク、ノコンギク、ヨメナなど、いろいろとありますね。」
「ふーん。野菊っていろいろあるんだ。それで、こいつはリュウノウギクというのか……。でも、どうしてこの名前がついたの。」
「それでは、二人とも手を出してごらん。葉をとって、そっと自分の鼻でにおいをかいでごらん。」
「においをかいで観察(かんさつ)するんですね。いつもの五感を使って植物を観察するんですね。」
「クンクン? クンクン?」
「クンクン? クンクン?」
「あら? ほんのりといいかおりがしますね。」
「ふーむ。いいかおり ?おいらは、どうもよく分からないなあー。」
「この野菊の名前は、そのかおりからつけられているんだ。リュウノウギクと言ってね、漢字で書くと竜脳菊(りゅうのうぎく)。中国に竜脳という香料(こうりょう)があって、それによくにたにおいだというんだ。」
「いいかおりかな? 何ともいえないなあ。あ! そうだ。このにおいは、あの薬のにおいだぞ。」
「え! 何という薬なの。」
「えーっと。何と言ったかな。『りゅう○○さん』とかいったな……。」
「なるほどね。『りゅう○○さん(龍○○散)』か……。ところで、このリュウノウギクや、『てくてく自然散歩』にあった『センブリ』などが見られるようになると、野山の植物もそろそろ終わりということだね。」
「そうですね。そして、リンドウのお花がさいて……、木々の葉っぱが色づいて、そのうち、かれ葉まう季節(きせつ)となるんですね。うーん。『深まりゆく秋』っていうのもとてもすてきですね。」

キク科植物

 キク科の植物は、双子葉植物の中で最も進化したもので、世界に23000種、日本には350種が自生しています。帰化植物も100種以上あります。種類が多いということは、さまざまな環境に適応してきているということであり、変異しやすい性質を利用して、いろいろな園芸品種が作り出されています。野菜では、レタス、シュンギク、ゴボウがあり、油をとるためのヒマワリや薬になるヨモギやジョチュウギクなど、人間生活に欠かせないものも多くあります。なお、観賞用に栽培されるキクは、奈良時代に渡来したそうで、その後、江戸時代に改良され多くの品種が作り出されました。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights