NO.161

にがいにがいセンブリ

「モンタ博士! この前の土曜日に、ある所で、すごい植物を見つけちゃいました。」
「すごい植物? いったい何を見つけたの。」
「ふむふむ、なになに? ある所で……。」
「白い花で、よく見るとむらさき色のすじが入っていて、高さは15cmくらいでした。上に絵をかいてきました。」
「ぎょ! これは、センブリだね。へえー! よく見つけたね。」
「え! ドンブリ……?」
「ちがうわよ。センブリですよ。とてもかわいいお花ですよね。」
「それにしてもよく見つけたね。このセンブリというのは、それはそれは有名な薬草なんだよ。」
「え! ドンブリが薬になるの。何の薬なの。」
「何度言えばいいの。ドンブリではありません。センブリです。」
「オー君。このセンブリはね、とてもにがくて、胃(い)のお薬になるんだよ。」
「え! とてもにがいんですか。」
「センブリというのはね、とてもにがくて、千回ふり出しても、まだにがいと言われているんだ。」
「ふり出すって? ……どういうこと。」
「ふり出すというのはね、ティーバッグのようにお湯や水に成分(せいぶん)をとかし出すことだよ。」
「モンタ博士! にがいっていうけど、どのくらいにがいんですか。おいらちょいと実験(じっけん)してみるね。それでは、葉っぱを1枚(まい)だけちょいといただいて……。」
「あ! ちょっと待って!」
「あ! ちょっと待って!」
「もぐもぐ……、ゲーッ! ワーッ! オーッ! アーッ! ウーッ! ヒーッ!」
「あーあ。食べちゃった。」
「あーあ。食べちゃった。」
「ゲーッ! ワーッ! オーッ! アーッ! ウーッ! ヒーッ! やっぱり、『良薬(りょうやく)は口ににがし』だ!」

センブリのつぶやき

 センブリは秋の花。山の草原や明るい林の中などで可憐な花を咲かせ、目を楽しませてくれます。『良薬は口に苦し』のことわざがぴったりする薬草で、その苦さは強烈で、食欲不振や消火不良の時など、ほんのわずかでも胃の薬になります。センブリは栽培がとても難しい野草といわれ、小さい草なので、量を集めるのも苦労し、高価な薬草だったそうです。そこで、いろいろな学者が集まり、その栽培方法を研究したそうで、そのうち、みごとに量産できるまでになりました。しかし、このセンブリは少量でも効き目があり、たくさん作っても需要が伸びなくて、供給も少なく、結局は苦い思いをしたそうです。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights