NO.160

カタバミの種子のひみつ

「花ちゃん! 花ちゃん! 聞いておくれよ。おもしろかったよ。」
「何がそんなにおもしろかったの。どうしたの。」
「あのね、『てくてく自然散歩』にカタバミのことがのっていただろう。それで、お散歩の時にカタバミを見つけて、大発見しちゃったんだ。」
「え! 大発見! どうしたの? 何を大発見したの。」
「あのね、カタバミの実を見つけて、手でさわってみたんだ。するとね……。」
「すると……。どうしたの?」
「おどろいたね。びっくりしたね。手でやさしくさわったら、実から種がピュンピュンと遠くへ飛んだのさ。地面に顔を近づけるようにして見ていたら、顔にも当たったんだ。びっくりしたね。おどろいたね。おもしろかったね。」
「へえー、そんなに楽しいの。わたしもやってみるわ。」
「あのね、もう種を出してしまった実は、スカスカな感じなんだ。でも、まだかたいやつは、ピュンピュンと飛ぶよ。それからね、たくさんの実のあるところを手でさわったら、なんと、もうれつにピュンピュンと飛んでおもしろかったね。」
「へえー。そんなにおもしろいの。わたしもやってみるわ。」
「それからは、手でやるのがめんどうになってきて、足でやったら、もっとたくさん飛んだからね。またまたおどろいたね。」
「へえー、そうなんだ。ところで、上の写真はなーに?」
「はじける前のカタバミの実だけど、手でむいたら白い皮をかぶった種が見えたんだ。それで、何こくらいあるかなあと考えたんだ。」
「へえー。たくさんありそうね。」
「何こ種があるのかなあと思って数えたら、だいたいだけど、約(やく)60こくらいの種が入っていたんだ。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights