NO.158

カタバミの種子はどのくらい飛ぶか@

「モンタ博士、何ですか。これは……。」
「よく聞いてくれたね。これは、カタバミの実験(じっけん)だよ。」
「カタバミって、『植物マジック』で、10円玉がピカピカになる草ですね。」
「よくおぼえていてくれたね。そのカタバミだよ。」
「それで、どんな実験なんですか。」
「あのね、植物は動くことができないだろう。でもね、種の時だけは、いろいろな方法で動くのさ。このカタバミという草は、自分でその実をはじかせ飛ばせるんだ。そこで、どれだけ飛ばすのかを調べてみたくなったのさ。」
「ねえねえ、カタバミってどんなお花だったっけ?」
「それじゃ、下の写真をよく見て。お花は黄色で、1cmくらいかな。とても小さいけど、かわいいお花よ。お日様に当たるとお花が開くのよ。くもりや雨の日は開かないの。葉っぱは少しすっぱい味がするのよ。」
「なーるほど。思い出したよ。あちこちの道ばたで見られるお花だね。ところで、モンタ博士! どんな方法で実験したんですか。」
「ホウセンカやツリフネソウもよく飛ばすけどね、カタバミについても図鑑(ずかん)などで、種子が飛ぶと書かれていたんだ。でも、どれだけの距離(きょり)をはじけて飛ぶかは書かれていないので、やってみようと思ったのさ。」
「それで、それで……。」
「まず、カタバミの株(かぶ)を5つほど鉢(はち)に植えたのさ。」
「それで、それで……。」
「せまいところでは、ダメだと思ったので、家庭科室でやったのさ。下の写真のようにね。でもね、この実験は大失敗(だいしっぱい)だったね。」
「失敗したって、どういうことですか。」
「何がどのように失敗だったんですか。」
  ※カタバミの実験のお話続く……。

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights