NO.155

いろいろなコケ

「うわあー。こりゃ、何ですか。」
「キノコみたいだけど…、ちがうみたいね。でも、何だかとってもかわいいですね。それに、形がユーモラスですね。」
「そうだね。おもしろい形をしているね。」
「緑色をしているから、植物でしょうね? でも、何だろう。何の仲間(なかま)かしら。」
「上の写真はね、ゼニゴケという『コケ植物』の仲間なんだよ。」
「そうか! コケか。ところで、緑色をしている植物というのは、光合成(こうごうぜい)というのをしているんでしょ。」
「さすが、オー君はむずかしい言葉を知っているね。光合成というのは、葉緑体(ようりょくたい)という緑のもとを持っていて、自分で栄養(えいよう)を作り出す生き物なんだよ。むずかしい言葉で『独立栄養(どくりつえいよう)』とも言うんだ。」
「キノコやカビとはちがうということですね。」
「キノコやカビなどは、自分以外のほかの生き物に栄養をたよっているので、従属(じゅうぞく)栄養というんだよ。むずかしいお話になって、ごめんね。ところで、コケ植物は、キノコやシダ植物とは、大きなちがいがあるんだけど、知っているかな。」
「…???」
「…???」
「ちょっとむずかしかったかな。それじゃ、ふつう植物はどうやってふえるんだったかな。」
「それは、もちろん、種や球根を植えたりするわ。」
「それから、枝(えだ)をさしたりするだけでも、植物は成長(せいちょう)したり、ふえたりするよ。」
「ところが、コケ植物は種がなくて、その代わりに胞子(ほうし)というものでふえていくんだよ。この胞子というのは、シダ植物やキノコ、カビなども持っているんだよ。それじゃ、下の表にまとめてみるよ。」
※水や養分の通り道のことを維管束(いかんそく)といい、シダ植物以上を維管束植物といい、キノコ・コケにくらべて進化している。

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights