NO.152

アカタテハ君、登場

「ねえねえ、オー君。毛虫がいるわね。」
「そうだね。かわいいね。」
「かわいい? どこが…?」
「よーく見てごらんよ。もそもそとよく動いているだろう。なかなかかわいいじゃん。虫は動くから楽しいのさ。」
「うーん。でも、やっぱり私は、お花をさかせる植物の方が好きだわ。それに、とてもきれいでしょ。」
「やっぱり、虫だね。」
「いいえ、ぜったいに植物ね。」
「まあまあ、お二人さん。虫も植物もどっちでも観察(かんさつ)すると楽しいものだよ。あれ? 上は、アカタテハの幼虫(ようちゅう)とそのさなぎだね。よくとれている写真じゃないか。」
「モンタ博士! この写真は、ぼくがアカタテハの幼虫からずっと育てていたものなんだ。うまくとれているよね。」
「とてもいいよ。観察したことを絵にかいたり、写真にとって記録(きろく)することはとても大切なことだね。今はデジカメがあるからかんたんにとれていいね。」
「成虫(せいちゅう)に羽化(うか)してからも、すぐに写真にもとったんだ。」
「うわあー。きれいなチョウですね。」
「そうだろう。そうだろう。」
「何だか、モザイクもようでいいですね。万華鏡(まんげきょう)みたいにいろいろな色がありますね。」
「なるほど、『モザイクもよう・万華鏡』か。うまいこと言うね。それにしてもいろいろな色があるよ。さて、どんな色があるかな。」
「オレンジ、白、赤もあるわ。」
「水色もあるし、黒もある。それから、茶色もあるし、緑っぽい色もあるぞ。」
「タテハチョウのシータテハ・エルタテハ・キタテハなどは、羽のうらがそれほどきれいではないね。このアカタテハはみごとな美しさだね。」
「チョウは、うらの羽がきれいなやつもたくさんいるんだね。」
「そのとおりね。わたし、初めて気がついたわ。それでは、今からチョウを図鑑(ずかん)をぺらぺらして、お気に入りのチョウをさがしましょう。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights