NO.146

ヒガンバナのネックレス作り

「とてもすずしくなって、もう秋ですね。」
「すずしいというよりも、きのうなんか少し寒かったね。」
「うす紅(べに)色のコスモスの花も秋の風にゆれて、赤とんぼもまい始めましたね。」
「まさに秋本番の今日このごろですね。お天気のよい日には、お外に出かけ、たくさんの『わくわくドキドキ』を楽しんでほしいね。」
「あれ? 上の写真は、1年生のようですね。」
「そうだよ。この前、1年生と生活科のお勉強で、お外に行ったのさ。」
「何かで遊んでいるようですね。」
「そうだよ。これは、みんなで糸の出る葉っぱで遊んでいるんだ。それから、やじろべえのできる草やヒガンバナのネックレスでも遊んだんだよ。」
「糸の出る葉っぱ? どこかで……教えてもらったような気がするわ。」
「そうだよな。『花ちゃん・オー君・モンタ博士のてくてく自然散歩』シリーズのNo.68を見てごらんよ。「楽しい植物マジックC」で「ハナミズキの葉っぱでモビール遊び」という題名でのっているよ。」
「それから、やじろべえのできる草? ……これもどこかで教えてもらった気がするわ。」
「そうだよな。『花ちゃん・オー君・モンタ博士のてくてく自然散歩』シリーズのNo.87を見てごらんよ。ちゃんと写真でのっているよ。」
「そうね。あのてくてくを読んで私も作りたくなったけど、よく分からなくて、あきらめちゃったのよ。」
「そうそう、そうなんだ。もっと分かりやすく説明(せつめい)してほしかったんだ。」
「ごめん、ごめん。本当にごめんね。そこでだ。『ヒガンバナのネックレス作り』を説明するイラストを、モンタ博士のお友達にかいてもらったんだ。」
「それが、下のイラストですね。」
「うわー。とても上手だね。うまいですね。おいらもすぐに『ヒガンバナのネックレス作り』がしたくなっちゃうね。」
「おみごとだろう。とてもいいだろう。説明のコメントもとてもていねいで分かりやすいだろう。」
「さあ! オー君。いっしょに『ヒガンバナのネックレス作り』にチャレンジしましょう。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights