NO.144

ハイイロチョッキリ君とコナラ

「ねえ、花ちゃん、オー君。上の写真を見てごらん。」
「あれ! ドングリがくっついているよ。」
「ということは、これは、コナラの葉っぱと枝(えだ)ですね。でも、ちょっと変(へん)だわ。何だかこのドングリは緑色のままですね。」
「そのとおりだよ。ドングリもあるし、コナラであることはまちがいないみたいだね。ところで、ほかに何か気がついたことはないかな。」
「このコナラは枝が折(お)れていますね。」
「この前の雨や風の時に、落ちてしまったんでしょうね。」
「オー君も同じように、雨や風によって落ちたのだと思うかい。」
「え! 雨や風じゃないの。それじゃ、だれが落としたの。ひょっとして、犯人(はんにん)は、モンタ博士ですか。」
「モンタ博士は犯人ではないよ。これはね、虫のしわざなんだよ。」
「え! 虫のしわざ? そんな虫がいるんですか。何という虫ですか。」
「それはね、下の図にあるような虫でね、ハイイロチョッキリというものなんだ。」

ハイイロチョッキリ(オトシブミ科)
「ハイイロチョッキリ……。」
「モンタ博士、犯人は分かったけど、何のためにハイイロチョッキリが枝を落とすのですか。なぞは深まるばかりですね。」
「実はね、この落ちた枝には必(かなら)ずドングリがついているだろう。それがなぞをとくカギというわけだね。」
「あ! そうだ。おいら思い出したぞ。クリシギゾウムシというのもいたな。つまり、ドングリの実にあなを開けて、そこにたまごを産(う)むんだ。そして、幼虫(ようちゅう)がドングリの中身を食べて大きくなるんだよね。」
「でも、ドングリの中身を食べるだけなら、木の上でもいいわけなのに。」
「そうだよ、そうだよ。ドングリの実にあなを開けるのは分かったけど、なぜ、枝を下に落とさなくちゃいけないのかな。」
「ねえ、ちょっと、ちょっと、待って。」
「どうしたの、花ちゃん。」
「今、ドングリの実にあなを開けるといったでしょ。それって、どういうことですか。あなを開けるのに、かたいキリなんかどこにあるの。」
「そうだね。それから、枝を落とすと言ったけど、どうやって落とすんだ。まさか、ハイイロチョッキリがハサミを持っているの。」
「そこがおもしろいところなんだけど、まず、下の写真をよーく見てごらん。何か気がつくことはないかな。発見することはないかな。」
「よーく見ると、ドングリのおわんのところにあながあるぞ。」
「本当だ。あるある。何かきずがついている感じですね。」
「そうだろう、そうだろう。これが、ハイイロチョッキリがたまごを産みつけたあとというわけさ。すごいね。」
「本当にすごいんですね。」
「それでは、次に下の写真もよーく見てごらん。何か気がつかないかな。発見がないかな。」
「何だ、こりゃ? 木の枝みたいだぞ。」
「そうね。枝ですね。これがハイイロチョッキリと何か関係(かんけい)があるんですか。」
「左と右の枝のちがいに気がつかないかな。」
「左はずいぶんときたなく折れている感じだな。」
「でも、右はきれいに折れているというか、切れているようですね。」
「そうだろう、そうだろう。右の5つは、どれもハイイロチョッキリが切り落とした枝なんだ。左の枝は、モンタ博士が手で折ったものなんだ。」
「へえーすごいや。ハイイロチョッキリはナイフも持っていないのに、とてもきれいに切れているぞ。こりゃ、モンタ博士の負けだね。」
「まいった、まいったよ。ハイイロチョッキリ君には負けたね。」

2mmの枝を切る苦労

 たった1cmちょっとの虫が、2〜3mmの枝を切り落とす。それも道具も何もなくて。単純に考えて1.2cmの虫が3oの枝を切るということは、大きさで考えて120cmの子どもが30cmの丸太を切るようなものだ。こりゃすごい。生への執着心だ。生命維持、遺伝子存続のすさまじい戦いをみるような気がする。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights