NO.139

日本のサルビア……アキノタムラソウ

「もう秋です、ぜったい秋です。」
「何を言ってるんだ。まだ夏だよ。もちろん夏だよ。こんなに暑いんだぜ。」
「いいえ、もう秋です。」
「いやいや、まだ夏だ。」
「こらこら、けんかはいけないよ。なかよくしようね。ところで、さっきから、何をそんなに言いあらそっているの。」
「二人でね、今の季節(きせつ)は、夏か秋か、当てっこしているの。」
「そうか。夏といえば、まだ夏だし、秋といえば、もう秋ってところだね。」
「もう、どっちなの。分かんなくなっちゃった。」
「あのね、『春』は光の中に、『秋』は風とともに……なんてよく言うね。」
「そうね、そういえば、春が近くなると……。」
「『光の春』なんてよく言うよね。」
「そうね、そういえば、朝や夕方など秋が近づくと……。」
「ひんやりとすずしい風がふくよな。」
「そうだろう。大切なことはね、自然のようす。つまり、虫や草花などの生き物、風や光、星や水や空気の変化(へんか)に気づくことじゃないかな。」
「そうか、そういうものから、季節を感じとればいいんですね。」
「そうか、そういうものから、季節を知ればいいというわけだ。」
「そうだろう。カレンダーは人が作ったものだよね。そして、1月から12月まで、春・夏・秋・冬と、いちおうは決めてあるだけだよ。」
「大切なことは、カレンダーなんかじゃなくて、自分の目や耳など、体で知るということですね。」
「そうだね。植物は、季節とのかかわりの中で、名前がつけられたものもたくさんあるんだよ。きょうは、その中で、秋という名前のつくものを紹介(しょうかい)しよう。」

アキノタムラソウのつぶやき

私はアキノタムラソウというのよ。本当は、秋という名前がついているけど、7月ごろから花を咲かせ始めるの。シソ科の植物だから茎が四角いのよ。赤い花を咲かせるサルビアが花壇にあるけど、私は野生の自然の野山にあるサルビアよ。学名でサルビア・ヤポニカ(Salvia japonica)というの。花の色は淡い紫色よ。私によく似たキバナアキギリというのもあるけど、学名でサルビア・ニッポニカ(Salvia nipponica)といい、花はやや濃いめのクリーム色。両方とも日本にしかない植物なんでーす。よろしく。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights