NO.136

アオドウガネの起き上がり方(4コマ写真で!)

「モンタ博士、この虫、なかなかおもしろいんですよ。」
「ほほー。これは、アオドウガネですね。青といっても、昔は、緑のことを青とも言っていたんだよね。ところで、アオドウガネがどうしたの。」
「この虫、ただのコガネムシの仲間(なかま)かと思ったんですが、花ちゃんが、『虫をうらがえしにすると、起き上がり方がちょうおもしろい』って言うんですよ。」
「それで、それで……。引っくり返してやってみようよ。」
「それでは、やってみますね……。」
「あれー! こりゃおもしろい。モンタ博士ははじめて見たよ。」
「あれー! こりゃおもしろい。フッタ博士もはじめて見たよ。」
「もう一回やってみますね。ほら、引っくり返してっと……。」
「ありゃー! なんだこりゃ? おもしろい! もう一回やってみよう。」
「おいおい! 何度もやらせないでくれ! おれだって、つかれるよ。はらへるよ。ところで、おれの『起き上がり方のひみつ』をどこのどいつが教えたんだ。」
「おいらではありません。花ちゃんが『この虫って、けっこうおもしろい起き上がり方するよ』って教えてくれたんだ。それで、今、『アオドウガネ起き上がり方遊び』にはまってしまったのさ。」
「え! 花ちゃんが発見した! 気づいた! それはすごい! すごいことだ。」
「何がそんなにすごいんだよ。」
「この虫の名前は、『アオドウガネ』とは、図鑑を見ればすぐに分かるだろう。ところが、この虫の起き上がり方のひみつというのは、よく観察していたり、よく手にとって遊んだりしているから、分かったんだね。そこに、おどろきやわくわくドキドキがあるんだよ。そのことがすばらしいのさ。これからも、たくさんの不思議(ふしぎ)やおもしろいことを見つけて、いろいろ知らせてほしいね。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights