NO.134

よろしく、フッタ博士です(コオイムシとともに登場)

「かわった虫だったね。あんなのはじめて見たよ。」
「そうね。せなかに丸くて小さいものをいっぱいつけていたわ。」
「丸くて小さいものって、たまごじゃないのかな。」
「本当の名前を知りたいわね。あ! そうだ。こんな時は、モンタ博士に聞いてみましょう。モンタ博士なら何でも知ってるよ。」
  ということで、モンタ博士に聞きにいったのですが……。
「うーむ。なんて言ったかな? タガメの仲間(なかま)で、カメムシの仲間で……。」
「そういえば、ヤゴといっしょに入れておいたら、ヤゴの体液(たいえき)をすっていたよ。やっぱりカメムシの仲間だ。」
「でも、あんまりくさくなかったしな……。なんていう名前の虫なのかな?」
「こまったね。あ! そうだ。こんな時は、『フッタ博士』に相談(そうだん)しよう。」
「フッタ博士? だれですか。その人は……。」
「モンタ博士のお友だちさ。昆虫(こんちゅう)のことなら、何でも知っているんだ。すごい博士だよ。おーい、フッタ博士。教えてくださーい。」
「はーい、みなさん、こんにちは。はじめまして、フッタ博士といいます。」
「それで、せなかにたまごのある虫だって! それはたぶん……、コオイムシだよ。」
「コオイムシ? なんですか。それは……。」
「たまご、つまり、子どもをおんぶしているようなので、それで、背負い虫(せおいむし)というのさ。へえー、それにしてもめずらしい虫を見つけたね。さすがは上川だね。すごいね。1年生にも見せてあげようよ。」
「そうですね。みんなで見せに行きましょう。」
「1年生のみなさん。おもしろい虫を見せてあげるわね。自分たちで名前をつけてごらん。楽しいよ。」
「へえー、へんなの……。丸い小さなものがついているからプチプチ虫だ。」
「ちがうよ。タラコみたいだろう。だから、タラコ虫だ。」
「もっと、かわいいお名前にしようよ。丸いプチプチが少し光っているし、イクラみたいだから……、イクラチャン虫なんてどうかなあ。」
「ねえねえ、たまごがたくさんあるよ。みんなで数えてみようよ。」
「そうね。どうやって、数えようか。
「たくさんあるから、分かんなくなっちゃうよ……。」
「こまったな……。」
「そのために、写真にとって、大きくコピーしておいたよ。」
「10ずつまとめるといいんだな。せーの。1・2・3……。」
「わーい。みんなで65このたまごがありました。」

コオイムシのつぶやき

私はコオイムシのお母さんよ。私がお父さんの背中に卵を産みつけるというわけね。お父さんが卵を背負っているように見えるため、「子負い虫」という名前になったそうなの。また、お父さんが子守りをしているように見えるので、「子守り虫」ともいうそうです。4〜6月ごろに、50〜100個ほどの卵を産みつけます。私は、産卵が終わると泳ぎ去り、ちょいとお散歩などに出かけるんだけど、お父さんがえらいのよ。卵の呼吸の世話をしたり、外敵から守ったりしてくれるんです。だから、いつもお父さんには感謝しています。
どんな所に住んでいるかというと、田んぼのように浅く、植物の多く生える所が好きなの。でも、最近困ったことに、農薬がたくさん使われたり、水たまりの水草などがへってきているので、仲間が少なくなっているのが残念ね。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights