NO.133

ホタルの光……

「あ! ホタルだわ。ホタルのえさのカワニナの写真もありますね。」
「そろそろ、あちこちでとびはじめているよ。おうちの近くや学校のうらにもたくさんホタルが見られる季節(きせつ)になりましたね。」
「花ちゃん、ホタルというのは、日本に40種類(しゅるい)くらいいるんだよ。でもね、よく光るのは、3分の1くらいで、その他のホタルは光らないんだ。」
「ふーん、すごい。さすがはオー君ね、パチパチパチ。それじゃ、聞くけど、私は音楽がとっても好きなんだけど、『蛍(ほたる)の光』という歌があるでしょ。」
  と、そこへモンタ博士がふらりと現(あらわ)れて、とつぜん、大きな声で歌ったとさ……
「♪ほたるのひかり、まどのゆき。書(ふみ)よむつき日、かさねつつ。♪」
「うわー、出たー、おんちだ。やめて! くるしいよ! 助けて!」
「そんなにおんちかな。自分ではけっこううまいと思っているのにな……。」
「ところで、モンタ博士。ホタルの光で、本当に本が読めるんですか。」
「その前に、ホタルの光は、何のために光るんだったかな。」
「えーと、それは、たしか、『ホタルが光るのは、オスとメスがよび合って子孫(しそん)を残すためです』とある本に書いてあったわ。」
「そのとおりだね。つまり、オスとメスとのラブコールということだね。ようするに恋(こい)の信号(しんごう)・ラブサインということだね。」
「ところでさ、さっきの本が読めるかどうかという問題はどうなったの。」
「そうだったね。モンタ博士はね、ホタルについて6〜7冊(さつ)くらいの本を読んだんだよ。それをまとめて、今日はモンタ博士の自由研究だ。」
「ウワ―。楽しみだわ。お話ししてください。」
「あのね、ある人がね、ホタルを2000びき集めてみたら、新聞が読めたという報告(ほうこく)があるんだよ。」
「えー! 2000びき! 集めるのに苦労(くろう)しただろうな。」
「日本じゃなくて、世界中にはいろいろなホタルがいるんでしょ。」
「うん。中国にいるタイワンマドボタルというホタルは、光も強いので20ぴきくらいで新聞が読めるというから、『蛍の光』の歌もウソじゃないね。」
「もっともっと光るホタルはいないのかな。」
「それがいるんだな。すごいやつがいるんだよ。」
「すごいやつって、どんなホタルなの。」
「ホタルの仲間(なかま)ではないけど、中南米にいるヒカリコメツキというのは、大きさが4センチもあってね、1ぴきでも文字が読めるそうなんだよ。」

ある先生のホタルについての研究から(ゲンジボタルのラブストーリー)

小川の側でゲンジボタルのオスが光りながら飛んでいました。メスはめったに飛ばず、近くの枝に止まって発光を繰り返しています。やがて、近くを飛んでいた1匹のオスがスピードを落とし、方向を変えて、メスから15センチくらい離れた葉に止まりました。そして、不規則にボーっと強く点滅する光を出しながら歩いてメスに近づきました。距離が10センチくらいになるとオスはここでぴたりと止まり、急にピカーピカーと4〜6発、時間にして15秒くらい、いわゆるフラッシュ発光を繰り返し、10秒ほど休んで、また5発ほど光りました。すると、2回目のオスのフラッシュ発光の時、これにこたえるようにメスもピカッと1回フラッシュ発光しました。それを見たとたん、オスはフラッシュ発光をやめて、真っすぐ猛ダッシュでメスに近づき交尾しました。しかし、メスがフラッシュ発光でこたえなければ、オスは何度でもフラッシュ発光を繰り返し、決して側に近づこうとはしません。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights