NO.132

春にさくアザミ

「あれ! これはアザミの花かな。」
「そうよ。これは、ノアザミというのよ。」
「アザミ……、アザミって、『てくてく自然散歩』にものっていたよね。」
「オー君、よくおぼえていてくれたね。モンタ博士はうれしいよ。」
「えーっと。アザミ、アザミ……、どっかに写真があったよな……。あ! これだ。No.89にあるよ。『キク科の花いろいろ』について、とてもくわしく書いてあったね。」
「よくおぼえていたわね。本当だ。コスモスのお花といっしょにのっているわ……。コスモス? あれ……、コスモスって、秋にさくお花よね。今はまだ春だから、さいていないわ……?」
「このNo.89のアザミはノハラアザミというものだけど、下の絵は、ノアザミというもので、ちがう種類(しゅるい)なのさ。」
「アザミって、1種類じゃないんですね。」
「そうだよ。アザミってね、日本全国に50種類くらいあるそうなんだ。」
「へえー、そんなにたくさんあるんですか。」
「でもね、春から夏の今の季節にさくアザミは、ノアザミしかないからまちがいないよ。それに、ノアザミは花の下の部分(総苞《そうほう》という)がねばねばなんだ。さわってみるとよく分かるよ。」
「ふーん、そうなんだ。ところで、アザミの葉っぱって、なんだかとげとげがいっぱいあって、とてもいたそうだぞ。」
「そうね、とげとげがあるから、さわったらいたそうね。でも、どうして、とげとげになっているのかしら。」
「ほほー、なるほど、そのとおり。よいところに気がついたね。さあ、なぜだろう、どうしてだろう。考えてみようよ。」
「とげとげだと、いたくて、動物たちからもいやがられるわ。」
「分かった、なぞはとけたぞ。動物たちから葉っぱを食べられないように、アザミの葉っぱには、とげとげがあるんだ。」

アザミの不思議実験にチャレンジしよう!

アザミの花の頭の部分(これを植物用語で頭花〔とうか〕という)には、チョウやハナアブなどがよく蜜(みつ)をすいに訪れているが、虫に代わって指先でそっと優しくこすってみよう。すると、どうなるだろうか。じっとして20〜30秒ほど、アザミの花をながめていよう。すると、どうなるだろう。な、な、なんと……、いくつもの花の先から、まるでえんとつからけむりが出るように、白い花粉が出てくるはずである。これは、接触刺激によって、花糸(かし―おしべのついているぼうのようなもの)がゆっくりと弓のように曲がるからである。それで、えんとつは下に引っぱられるのである。えんとつ内の花粉は、めしべというぼうによって外に押し出されるというわけだ。まあ、こんなわけで、アザミの花をじいっと見つめてみよう。
なお、日本のアザミは50種ほどあり、区別が難しいといわれている。しかし、ありがたいことに、関東にはアズマヤマアザミ、東北にはナンブアザミ、中国にはビッチュウアザミ、九州にはツクシアザミなど、それぞれの地域によって、独特の種類があるので、見当がつきやすいとのことです。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights