NO.130

はじめまして……わたしはオケラ!


1年生
「♪ぼくらはみんな 生きている 生きているから 歌うんだ ぼくらはみんな 生きている 生きているから 悲しいんだ 手のひらを太陽に すかしてみれば まっかにながれる ぼくの血しお みみずだって おけらだって あめんぼだって みんな みんな生きているんだ 友だちなんだ♪」
「いい歌だなあ……。」
「そうですね。この歌を作ったのは、『アンパンマン』をかいた『やなせたかし』さんだったよな。」
「ミミズとアメンボは分かるけど……。オケラってなんですか。」
「オケラって、たしか……、虫だよね……。」
「モンタ博士! オケラをつかまえたよ。」
「オケラ? どれどれ、見せてごらん。ほほー。生きたのははじめて見たよ。」
「おいらは、オケラさ。正しくは、ケラというぞ。コオロギなどの仲間(なかま)だ。『おけらの七つ芸(げい)』とは、よくいう言葉なんだ。」
「オケラくん。はじめまして……。お友達になりましょう。」
「オケラくん、きみと仲良くしたいな。もっといろいろ教えてよ。」
「おいらは、あなほり名人なんだ。前足を見てごらん。すごいだろう。」
「ふーん。このすごい足であなをほるんですね。」
「うん。まあ、そうだな。ほかに、鳴くこともできるし、とべるし、泳げるし、それに子育てもできるんだ。でも、得意(とくい)なのは、あなほりだけど、あとはちゅうとはんぱなんだ。それで、そういう人を『おけらの七つ芸』というのさ。」
「オケラくん、どうして『オケラ』という名前になったんだい。」
「なかなかいい質問(しつもん)だな。それは、おいらを前から見ると、ばんざいをしているように見えて、一文無し(いちもんなし)でお手上げしているようなんだ。それで、オケラになったというわけなんだ。」
「へえー! そうなんだ。」
「でもよ。このごろよ。人間様たちが、土とふれる機会(きかい)が少なくなってよ。おいらを見つけてくれることもなくなったよな。」
「ふーん。それでそれで……。」
「それでよ。おいらを見かけてもよ、何の虫か分かんない人がふえているって言うじゃんか……、なんだかさみしくなっちゃうよな。」
「あのお……、お話し中ごめんなさい。オケラって、虫の名前だけど、植物にもオケラというのがあったように思うんですが……。」
「そうだね。キク科の植物なんだ。もうかれてしまったけど、去年とったものがドライフラワーみたいになっているから下の写真を見てね。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights