NO.128

あら! 何だ? この不思議なもようは……

「これから、よいこの花ちゃんに、クイズを出すね。さあ、一生けんめいに考えておくれよな。」
「うわあー、楽しそうだわ。」
「さて、はじめのクイズだ。上のもようは何だか分かるかい。」
「何だろう? どっかで見たけどな。」
「ヒントだよ。上のもようはね、だれかの足あとみたいなものさ。」
「だれかの足あと?」
「あらら、まちがえた。足あとでなくて、食べあとさ。」
「食べあと? 何を食べたの。」
「あのね、草や葉っぱがすきなやつなんだ。これは、橋やガードレールなどにある緑色の『コケ』を食べたあとなのさ。おもしろい形をしているだろう。」
「ふーむ。そうなんだ。」
「次のクイズにいくよ。あのね、こいつはね、しめった場所が大すきだけど、もし、こいつを飼(か)うときに、ぜったい必要(ひつよう)なものって、なーんだ?」
「ぜったい必要なもの? 何だろう……。食べ物はもちろんだけど……。」
「それはね、たまごのからや貝なんだ。」
「たまごのから? 貝?」
「こいつらはね、からを持っているだろう。その栄養(えいよう)になるからさ。」
「ふーむ。そうなんだ。」
「次のクイズだぞ。この仲間(なかま)にナメクジがいるけど、大人のカタツムリと子どものカタツムリを見分けるのは、どうすればいいのだろう。こりゃ、むずかしいよ。」
「小さいのが子どものカタツムリ、ですか?」
「あのね、カタツムリの貝のはじっこをよく見てごらん。そこがめくれていれば、大人のカタツムリなのさ。」
「ふーむ、そうなんだ。それじゃ、どんなに小さくてもめくれていれば、それは大人のカタツムリというわけね。今度ゆっくりと見てみるわ。」
「そうなんだよ。カタツムリの仲間はね、昆虫(こんちゅう)と同じようにとても小さいもの、たとえば、数ミリ以下のものがたくさんいるんだよ。」
「へえー、そうなんだ。それじゃ、こんどわたし、小さいカタツムリをさがしてみよっと。」
「それじゃ、花ちゃんに最後のクイズだよ。カタツムリを見つけてくれたのは、雨の後だったよね。それじゃ、晴れている時は、どこにいるんだろう。」
「どこだろう。今度、晴れている時にもさがすわね。」
「そうだね。また、おいらたちを見つけてくれよ。それから、遊んだり、世話をしてくれたあとは、手をあらおうね。」

ナメクジのつぶやき

おいらたちナメクジはカタツムリの一種なんだ。最近はいなくなってしまったが、海岸で見るアメフラシやテレビに出てくるウミウシなどと同じ「殻を脱ぎ捨てた貝」なんだよ。クリオネも殻を持たず、海を泳いでいる貝の一種で、同じく大海を泳いでいる貝を食べているんだ。橋などにある「ナメクジがコケを食べた形跡」は、虫眼鏡でじっくり見ると、それはそれは感動・感激ものだよ。ナメクジもカタツムリもとてもりっぱな歯があって、朽ちたコケなど植物性のものをそぎとって食べています。今度、ゆっくりとその食べる様子を見てみてくれよ。よろしっく!


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights