NO.116

おいしい山菜レシピその1……フキノトウのお話

「あれ? これは、ひょっとして、フキノトウ?」
「ピンポーン。そのとおりだね。フキノトウだ。」
「でも、フキノトウって、もっと地面の近くにあるんじゃないの。それに、こんなにのっぽじゃないよ。」
「もともと地面近くにあったフキノトウが、だんだんあたたかくなって、どんどん背(せ)をのばしたというわけよ。」
「なーるほど。そういうことか。分かったよ。ところで、フキノトウとフキって、どんな関係(かんけい)なのかな。」
「春早く、葉っぱよりも先に出る花の茎(くき)をフキノトウとよぶんだよ。その後にフキの若葉(わかば)が出てくるのさ。フキっていうのは、地下茎(ちかけい)をのばしてふえて広がっていくから、かたまって生えていることが多いのさ。」
「フキって、たしか食べられるんですよね。」
「もちろんさ。フキノトウの天ぷらはおいしいよ。それから……。」
「食べ物のお話なら、おいらにまかせておくれよ。まず、フキは、何科の植物かというとね、キク科なんだ。キク科というのは食べられるものが多いんだ。まず、フキの茎のすじをとるんだね。それから、竹の子やあぶらあげといっしょににたりするといいんだよ。それから、フキを細かくきざんで味噌(みそ)と合わせて食べるフキ味噌は最高だね。あたたかいご飯にぴったし。あ!それから、しょうゆと砂糖(さとう)でこい味(あじ)つけしたつくだにの『きゃらぶき』もうまいね。おいら、なんだかおなかがへってきちゃった。」
「パチパチパチ。すごーい。オー君はくわしいんですね。感心しちゃった。」
「そうだね。野や山には、いろいろと食べられるものがいっぱいあるね。それじゃ、みんなで春の山菜(さんさい)をさがしに行こう!」

フキの語源は拭(ふ)く

フキの語源についていろいろと調べていると、ある文献に目がとまった。語源は拭くということ。拭くとは、ぬぐうという意味でもある。昔、トイレットペーパーのなかった時代、人はどのようにして始末したのだろうか。時代や土地によってさまざまであるが、昔は、つるつるの石をトイレに置いていたそうだ。使用前は右、使用後は左とか。使用後は川で洗い、リサイクル。またある所では、やや太めの縄をぶら下げていたそうだ。何度も使用していると、つやつやになって使い心地がよかったと文献にもある。そして、最後に登場するのがフキ。フキの葉っぱをたくさん取ってきては、トイレで陰干しし、何枚も積み重ねておき、それを使用したそうだ。そのようにして拭いていたので、「拭き」が「フキ」になったと……。そう言えば、フキの学名は、ペタシテス。「ぺたん」とやったからかなあと思う今日このごろ。


O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights