NO.100

キノコってなんだろう(キノコのはたらきいろいろ)

「うわあー、なんだこりゃ?」
「オー君、知らないの。これはキノコなのよ。3年生と4年生が見つけてきてくれたの。サルノコシカケというキノコみたいね。」
「この前、みんなで取りに行ってきたんだ。サルがこのキノコの上にこしをかけたらしくて、そんで、サルノコシカケという名前になったらしいよ。」
「へえー、そうなんだ。ところでさ、キノコっていったい何なんだ.。緑の葉を持つ木や草とはちがうみたいだし、植物でないとすると、それじゃ、動物かというと、そうでもないし……。」
「そうね。かんたんにいうと、キノコは、カビの仲間ということね。」
「カビの仲間か……。あまりピンとこないけどな。」
「キノコもカビも胞子(ほうし)というものでふえるんだよ。」
「それで、キノコって、いろいろな種類があるんだろう。」
「胞子? なんだそりゃ。」
「そうね、かんたんにいうと、木や草のタネと同じ役目を持っているものね。つまり、きのこは、『カビの花』と言ってもいいかな。」
「一番多いのは、ひだを持つグループね。でも、そのほかにいろいろあるのよ。」
「ふーん。そうなんだ。でも、キノコって何のためにあるの。」
「大きく分けて2つの役目があるわ。1つは、植物や動物を分解(ぶんかい)して土にもどすグループ。森のそうじやさんのような役目があるわ。」
「なるほどね。かれた木にはよくキノコがついているもんな。それに、落ち葉からキノコが生えているのを見たこともあるな。」
「もう1つは、キノコと木が、おたがいに養分(ようぶん)や水分をやりとりして、助け合いながら生活するグループ。こういうのをむずかしい言葉で外生菌根(がいせいきんこん)というのよ。かわいた土からの水分やリンとかミネラルとかの吸収(きゅうしゅう)を行って、植物が大きくなるのを助けるのよ。その代わりに、植物が光合成(こうごうせい)でたくわえた栄養(えいよう)をキノコは分けてもらうのね。こういうのを、共生(きょうせい)というのよ。」
「へえー、すごいね。ほとんどお話は分からなかったけど、花ちゃんは、キノコ博士だね。おいらもこれから、キノコについても勉強するぞ。」

O?y[W??    【てくてく自然散歩シリーズ】 トップへ戻る
copyrights